イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2020.5.6 UP
ARTIST

Kekko Fornarelli Trio

ケッコ・フォルナレッリ・トリオ

Abaton Live Session

MESSAGGIO

メッセージ
チャオ、皆さん!ケッコ・フォルナレッリです。
イタリア文化会館-大阪のお友達をはじめ皆さんにご挨拶します。
かれこれ3年も日本に行けていませんが、いつ日本に戻れるか分かりません。というのも、皆がよく知っているように、この時期、コロナウィルスによる恐ろしい伝染病のため、自宅にいることを強いられているからです。
でも、特別な生まれ変わりの時期でもあります。たとえ離れていても、ヴァーチャルででも素敵なハグをしあう機会でもあるのです。
だから、大きな愛と喜びをもって、皆さんに僕の新アルバムAbaton Live Sessionからのビデオをお届けします。
これは数ヶ月前に僕のトリオと小さな弦楽オーケストラとでレコーディングしました。
1日も早く日本に戻って、皆で直にハグをしあい、コンサートホールで演奏できることを願っています。
皆さん、どうか家にいて、ご自愛ください。そして音楽を支え続けてください。
ではまた。

PROFILO

プロフィール

ケッコ・フォルナレッリ(ピアノ)
ケッコ・フォルナレッリは、1978年バーリ生まれのピアニスト、作曲家、プロデューサー。
これまでに5枚のアルバムをリリース、過去6年の間に世界約50ヶ国で250以上のコンサートで演奏し、今や世界で最も称賛されているイタリア人アーティストの一人である。
フォルナレッリは、音楽はただ聴くだけというより、まるで観察するかのような独特のスタイルを作り上げた。完全に私的で特殊な方法で物語を語り、感情を表現し、状況を「描く」。彼の音楽は、熱い地中海のバックグラウンドに、北欧の最先端の音楽のアイデアとネオクラシックの柔らかな融合といえる。「フォルナレッリは、インプロヴィゼーションの明敏な才能を持つ、クラシック出身の熟練のプレイヤーだ。たった10分でこの素晴らしいトリオが語るべきものを沢山持っていることは明らかだった。(中略)見事に共鳴し、内観的であると同時に身体の奥底からわくわくさせるこのトリオがヨーロッパ中で称賛を得ているのは当然だ。」(ザ・ガーディアン紙/John Fordham)「緊張と自由のほぼ完璧なバランス。 フォルナレッリの音楽は、クラシックにルーツを持ちつつ、ポップからトリップホップ、ゴスペルまで幅広い影響を加えた魅力的なスタイルを持っている」(ファイナンシャル・タイムス紙/Alison Gunn)「信じられないほど私的で内省的なCDだ。これは、大抵の場合、心に触れると同時に体に点火することができるケッコの調和のとれた動的才能による。イタリアは音楽のインプロヴィゼーションの金鉱だ。 ケッコ・フォルナレッリはマエストロであるが、何よりもまずアーティストである。」(criticaljazz.com/Brent Black)「CDを聴くのをやめられない:心から直接伝わるイタリアの快活さをもって演奏された、ロマンチックなクラシック音楽、モダンジャズ、21世紀のダンスリズムの融合だ。」(London Jazz Blog/Alison Bentley)「ケッコ・フォルナレッリのようなオープンなミュージシャンがいる限り、ジャズは世界の音楽であり続ける。」(パオロ・フレス)

Kekko Fornarelli
Kekko Fornarelli (all’anagrafe Francesco – Bari, 1978) è un pianista, compositore e produttore.
Con cinque album pubblicati e oltre 250 concerti in quasi 50 Paesi nel mondo negli ultimi sei anni, Kekko Fornarelli è attualmente uno degli artisti italiani più apprezzati nel mondo.
Ha sviluppato uno stile unico caratterizzato dal tentativo di creare musica da osservare, più che da ascoltare. Un modo particolare e tutto personale per raccontare storie, esprimere emozioni e ‘dipingere’ situazioni. La sua musica è una morbida combinazione tra le più moderne idee nordeuropee e il lirismo neoclassico, filtrata dal suo caldo background mediterraneo. “Fornarelli è uno strumentista provetto dalle radici classiche e con una sottile mente da improvvisatore. Dopo soli dieci minuti era più che chiaro che questo eccellente Trio avesse molto da raccontare […] E’ quindi palesemente ovvia la ragione per cui questo Trio al contempo affiatato, riflessivo e visceralmente entusiasmante stia ottenendo consensi in tutta Europa.” John Fordham, The Guardian "Un equilibrio quasi perfetto di tensione e libertà. La musica di Fornarelli ha uno stile accattivante dalle radici classiche, con influenze che spaziano dal pop al trip-hop e al gospel" Alison Gunn, Financial Times “Un disco incredibilmente personale ed introspettivo, che grazie alla genialità del moto armonico di Kekko riesce a toccare il cuore e ad infuocare il corpo, spesso nello stesso momento. L’Italia è una miniera d’oro nella improvvisazione musicale. Kekko Fornarelli è un maestro, ma soprattutto, è un artista” Brent Black, criticaljazz.com “Non riesco a smettere di ascoltare il cd: una fusione di musica classica romantica, jazz moderno e ritmi dance del ventunesimo secolo, suonati con quel brio tutto italiano che arriva direttamente dal cuore” Alison Bentley, London Jazz Blog “Finché ci saranno musicisti aperti come Kekko Fornarelli, il jazz continuerà ad essere la musica del mondo” Paolo Fresu

Altri video

その他のビデオ
2020.5.6 UP
2020.10.15 UP
L’Italia dei mille mandolini #5 (Napoli)
2020.6.5 UP
Kalàscima Live in Osaka 2015
2020.12.1 UP
L‘Italia dei mille mandolini #9 (Firenze)
2020.11.29 UP
ページの先頭へ