イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2020.5.6 UP
ARTIST

Marco Vezzoso & Alessandro Collina

マルコ・ヴェッツォーゾ&アレッサンドロ・コッリーナ

Compilation for Japan

MESSAGGIO

メッセージ
こんにちは。マルコ・ヴェッツォーゾです。ジャズトランペッターでフランス国立ニース音楽院の教員をしています。
僕とアレッサンドロは2015年に初めて日本に行って、皆さんの国とその文化が大好きになりました。
2017年に再来日して、最高の観客に会って、その前で演奏したのだと確信しています。
早く皆さんと再会できることを願っています。
ありがとうございます。

皆さん、こんにちは。ジャズピアニストのアレッサンドロ・コッリーナです。
まず最初に、イタリア文化会館-大阪のお友達の皆さんにご挨拶したいです。そして、私たちの音楽やパフォーマンスを見ることができるオンライン上のプラットフォームを作るという、この素晴らしい企画に感謝したいです。
早く皆さんと再会できることを願っています。実は、この8月にマルコと一緒に日本ツアーを計画しています。だから、またね!
おおきに。どうもありがとう。

PROFILO

プロフィール

マルコ・ヴェッツォーゾ(トランペット)
アルバ音楽学校にてマルコ・ベローネに師事し、10歳よりトランペットを始める。2001年、トリノの名門ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院にてディプロマを取得。ピエール・デュト、アラン・ルストロ、エリック・オーバー、トロン・ガイ、デヴィッド・グリエ等の名コーチのマスタークラスやセミナーに参加、アルベルト・マンダリーノ、パオロ・フレス、エンリコ・ラーヴァ、デイヴ・ダグラス、ティエリー・アミオ、フランソワ・シャサニートにジャズトランペットを学ぶ。Hasta Jazz Orchestra、Orchestra Mellowtone、Torino Jazz Orchestra、GP orchestraといったビッグバンドと共演。Long Valley Blues Bandやブルースシンガー(ラリー・レイ、ディル・ミラー)と4つの欧州ツアーに参加。フラヴィオ・ボルトロ、ファブリッツィオ・ボッソ、パオロ・フレス等世界的なトランペット奏者との共演を果たす。 2014年、キャリア初となるソロアルバム「Jazz a Porter」をリリース。翌年、大阪で開催された「DIM 2015」では、アレッサンドロ・コッリーナ等とともにライブパフォーマンスを披露し、オーディエンスから大喝采を浴びる。当日の演奏を収めたライブCD「Japan Live Tour 2015: The Osaka Concert」が、日本の音楽レーベルDa Vinci Jazzよりリリースされている。近年では、ニース音楽院にて後進の育成にも努め、また他方では即興パフォーマンスの手法である「サウンド・ペインティング」にも力を入れるなど、各方面で精力的な活動を展開している。

アレッサンドロ・コッリーナ(ピアノ)
伯父であるマエストロ ウバルド・ジャルディーニのもとでピアノを始め、その後、ジャンマリア・ボニーノに師事し、ラ・スペツィア音楽院でクラシックピアノのディプロマを取得。その後、ニース音楽院に入学しジャズピアノを学ぶ。トロンボーン奏者ルカ・ベゴニア率いるカルテットへの参加などを経て、サックス奏者ポール・ジェフリーのヨーロッパツアーに同行。2009年にはポール・ジェフリー・カルテットのメンバーとして、セロニアス・モンクのトリビュートアルバム「We See」を発表している。また同年、ペトルチアーニ兄弟より招待を受け、フランスが誇るジャズピアニスト、ミシェル・ペトルチアーニの没後10周年を記念した演奏をイタリア各地の主要ジャズフェスティバルで行っている。これまでに、2010年からたびたび共演しているファブリッツィオ・ボッソをはじめ、ジャンニ・バッソ、エマヌエーレ・チーズィなど、世界的なアーティストと多数共演。マルコ・ヴェッツォーゾとともに出演した音楽祭「DIM2015」では、優雅なアンサンブルを披露し、オーディエンスを魅了。その反響に応えて2017年、再来日ツアーを実施、好評を博した。

Marco Vezzoso
Inizia lo studio della tromba all’età di 10 anni nell’istituto musicale di Alba, sotto la guida del maestro Marco Bellone. Nel luglio 2001, presso il Conservatorio Giuseppe Verdi di Torino, ottiene il diploma di stato. Partecipa a diverse master class e seminari con professori del calibro di: Pierre Dutot, Alain Loustallot, Enric Aubier, Tuvron Guy, David Guerrier e tromba jazz con Alberto Mandarino, Paolo Fresu, Enrico Rava, Dave Douglas, Thierry Amiot e François Chassagnite. Ha suonato in diverse big band come Hasta Jazz Orchestra, Orchestra Mellowtone Torino Jazz Orchestra e GP orchestra. Ha partecipato a quattro tour europei con Valley Blues Band di Long e cantanti blues (Larry Ray e Dilu Miller). Ha suonato accanto a musicisti come Flavio Boltro, Fabrizio Bosso, Paolo Fresu, ecc. Nel 2014 registra “Jazz à Porter” il suo primo album da solista con tutti brani originali per l’etichetta discografica MAP di Milano. Dal 2014 si è interessato intensamente alla pratica multidisciplinare del soundpainting (improvvisazione libera guidata da gesti) frequentando degli stage da note personalità del settore come Walter Thompson e Eric Chapelle.Ma la sua passione più grande è sempre stato l’insegnato. Ha insegnato tromba classica e jazz presso l’Istituto Musicale di Alba, Savigliano e Verzuolo, ma da settembre 2012 si è trasferito a Nizza (Francia) dove insegna tromba jazz al Conservatorio Nazionale Pierre Coucherau.

Alessandro Collina
Inizia lo studio del piano sotto la guida dello zio, Maestro Ubaldo Giardini; dopo prosegue sotto la guida del Maestro Gianmaria Bonino e consegue il diploma di pianoforte classico presso il conservatorio di La Spezia. In seguito frequenta diversi stages sull'improvvisazione e decide d'iscriversi alla classe di piano jazz a Nizza in Francia.Consegue il diploma. Nel 2006, 2007 e 2008 fa parte del quartetto che accompagna Paul Jeffrey in Europa, nel 2009 la band registra il cd " We see" Monk tribute. Nel 2009 viene invitato dai fratelli Luis e Philippe Petrucciani a suonare con loro nel decennale della scomparsa di Michel Petrucciani,un tour molto lungo con tante tappe nei migliori festival italiani. A partire dal 2010 il trio di Ale Collina inizia una serie di concerti con Fabrizio Bosso in Francia e Italia. Dopo anni di intensa collaborazione sulla scena internazionale Alessandro Collina, Marc Peillon e Rodolfo Cervetto hanno deciso di rendere omaggio alle musiche di Michel "makous " Petrucciani. Un progetto fortemente condiviso che nasce per esaltare la sensibilità melodica del compositore, troppo spesso in secondo piano rispetto ai virtuosismi tecnici e alle sue vicende biografiche. I tre musicisti hanno identificato nella tromba di Fabrizio Bosso, con il quale collaborano da alcuni anni, la voce ideale per interpretare e valorizzare la straordinaria bellezza di queste composizioni.

ページの先頭へ