イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2020.5.6 UP
ARTIST

Marco Pacassoni

マルコ・パカッソーニ

Lullaby for Blondie / One day

MESSAGGIO

メッセージ
チャオ、皆さん!マルコ・パカッソーニです。
皆さんにイタリアから挨拶と心からのハグを送りたいと思います。
感染防止のための隔離は1ヶ月以上にもなりますが、通常に戻るために僕たちは自信を持って、いつも笑顔でいます。
僕の心と音楽で皆さんの傍にいられるように、ミュージックビデオをいくつか送ります。じゃあまたね!

PROFILO

プロフィール

マルコ・パカッソーニ(ヴィブラフォン)
ペザロ市のG.ロッシーニ音楽院とボストンのバークリー音楽院を優秀な成績で卒業。主にゲイリー・バートン、エド・サインドン、ヴィクトル・メンドーザ、ダニエレ・ディ・グレゴリオ、エギー・カストリッロ、ジョン・ラムセ、スティーブ・ウィルクスのもとで学ぶ。

2005年にピアチェンツァ市で開催のキッコ・ベティナルディ・コンクールで最優秀イタリアジャズタレント賞を獲得。 ミシェル・カミロ、アレックス・アクナ、ホラシオ・ヘルナンデズ、スティーブ・スミス、ジョン・ベク、アミク・ゲラ、トレント・オースティン、イタルバ、ゲリソン・フェウェル、山中千尋、パルティド・ラティノ、マリカ・アヤン、ラファエル・グアラッツィ、フランチェスコ・カフィーソ、マッシモ・マンツィ、マルコ・ヴォルペ、マッシモ・モリコニ、フィリッポ・ラッタンツィ、ダニエレ・ディ・グレゴリオ、アレッサンドロ・リストロ、パオロ・ベッリ、ブンガロ、ルカ・コロンボ、チェザレ・キオード等、数々のアーティストと共演。
カルテットのリーダーとして4つのアルバム(「Finally」、「Happiness」、「Grazie」、「Frank & Ruth」)をリリース。
また、アンコーナ市のリナルディニ音楽高校、ウルビーノ大学、サンアントニオのテキサス大学で打楽器講師として教鞭をとり、そして、オバーリン音楽大学、ミネアポリス大学、コルンブス大学、クリーブランド大学等の名門校でヴィブラフォンのマスタークラスを恒常的に行う。
2014年には出版社Rodavia Edizioni より、和声と作曲のマニュアル本『そろそろ歌でも書こうかな』を出版。

MARCO PACASSONI
Diplomato al conservatorio "G. Rossini" di Pesaro con lode e laureato in Professional Music al "Berklee College of Music" di Boston con lode. Studia principalmente con Gary Burton, Ed Saindon, Victor Mendoza, Daniele Di Gregorio, Eguie Castrillo, John Ramse, Steve Wilkes.
Nel 2005 vince il premio di miglior "talento jazz" italiano al concorso Chicco Bettinardi di Piacenza.
Collabora con Michel Camilo, Alex Acuna, Horacio "el negro" Hernandez, Steve Smith, John Beck, Amik Guerra, Trent Austin, Italuba, Gerrison Fewell, Chihiro Yamanaka, Partido Latino, Malika Ayane, Raphael Gualazzi, Francesco Cafiso, Massimo Manzi, Marco Volpe, Massimo Moriconi, Filippo Lattanzi, Daniele Di Gregorio, Alessandro Ristori, Paolo Belli, Bungaro, Luca Colombo, Cesare Chiodo e tanti altri ....
Da leader, con il suo quartetto, ha pubblicato tre album: "Finally", "Happiness", "Grazie" e l'ultima produzione "Frank & Ruth".
Docente di strumenti a percussioni presso il Liceo Musicale "Rinaldini" di Ancona e "University of Texas" di San Antonio per i semestri italiani presso l'Università di Urbino. Tiene costantemente Masterclass di vibrafono in prestigiosi college americani come Oberlin Conservatory (Ohio), University of Minneapolis (Minnesota), Eastman School of Music (Rochester), Columbus University (Ohio), Cleveland University (Ohio).
Nell'aprile del 2014 pubblica il manuale di armonia e composizione "Quasi quasi scrivo una canzone ..." edito da Rodavia Edizioni.

ページの先頭へ