イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2020.5.6 UP
ARTIST

Massimiliano Rolff

マッシミリアーノ・ロルフ

Italian life in contemporary time

MESSAGGIO

メッセージ
親愛なる大阪の皆さん、イタリア文化会館-大阪のお友達の皆さん、マッシミリアーノ・ロルフです。
私は昨年の日本ツアーで、皆さんの素晴らしい街でコンサートをする幸運を得ました。
イタリアと日本が引き離されているこの時期、皆さんにご挨拶したいと思いました。
ですから、私が音楽を担当した演劇公演「Italian life in contemporary time」から演奏の抜粋をお届けします。

PROFILO

プロフィール

マッシミリアーノ・ロルフ(ベース)
オランダのフローニンゲン国立音楽院でエレキベースと音楽教育学を学び、1999年修了。その後、オランダ政府の奨学金を得て、ニューヨークのコレクティブ・スクール・オブ・ミュージックで、ジョン・パティトゥッチ、リンカーン・ゴーインズによるマスターコースに通う。2010年、ジェノヴァのパガニーニ国立音楽院の修士課程を終える。
ヨーロッパ各国やアメリカの主要都市のフェスティバル、クラブ、劇場で演奏する。
これまで、自身のアルバムを6枚リリースする他、演奏に参加したアルバムは20以上を数える。2006年と2009年には、それぞれUnit FiveとNakedで、ライトハウス・ジャズ賞の最優秀ジャズアルバムに選ばれる。アルバムScreamは、2014年に、ジャズ雑誌JazzItが主宰するジャズアルバム・ベスト100に入っている。2015年から、ラ・スペツィアのプッチーニ国立音楽院で、また2017年から、モノーポリのロータ国立音楽院でエレキベースを教えている。

Massimiliano Rolff
Nel 1999 si diploma in basso elettrico e pedagogia musicale presso il Conservatorio statale di Groningen (NL) e dopo pochi mesi, grazie ad una borsa di studio del governo olandese, vola a New York per seguire un master presso The Bass Collective con John Patitucci e Lincoln Goines. Nel 2010 consegue la Laurea di Secondo Livello in Jazz presso il Conservatorio "N. Paganini" di Genova.
Ha suonato nei festival, clubs e teatri in quasi tutti i paesi Europei ed attraverso buona parte degli Stati Uniti d'America.
Tra il 2003 ed oggi ha pubblicato 6 album da leader e compositore ed ha partecipato ad oltre 20 cd come side man. Nel 2006 e nel 2009, con gli album “Unit Five” e “Naked” vince il premio come “Migliore album jazz” con il premio "Jazz LightHouse". L'album “Scream” viene invece inserito nei migliori 100 album internazionali più belli del 2014 secondo la prestigiosa rivista “JazzIt”. Dal 2015 è docente di Basso Elettrico presso il Conservatorio "G.Puccini" di La Spezia, e dal 2017 al Conservatorio "N.Rota" di Monopoli (BA).

ページの先頭へ