イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

ARTE
2020.5.6 UP
ARTIST

Max Papeschi

マックス・パペスキ

Max Papeschi Show in Japan

MESSAGGIO

メッセージ
チャオ!マックス・パペスキです。
2015年に僕はイタリア文化会館-大阪の主催、MAGギャラリーとギャラリーTomoの協力で、素晴らしい展覧会を開きました。
それは本当に素晴らしい経験で、展覧会を覚えておくために、今でもそのカタログを家に置いています。
僕の大好きな国、日本に早く戻れることを願っています。
じゃあまたね!

PROFILO

プロフィール

マックス・パペスキ
マックス・パペスキは、演劇・テレビ・映画の分野で作家・監督として活動した後にデジタルアートの世界に進出。作品「Art-World」(芸術-世界)におけるフィギュラティヴ・アート作家としての彼のアプローチは観客からも評論家からも即座に高く評価された。作品「Politically-Scorrect」(政治的-誤りの)は、グローバル化した消費社会を、その恐ろしさを暴きながら、風刺的かつ写実的な方法で表現した。「Topolino Nazista」(ナチスのミッキーマウス)から「Ronald McDonald Macellaio」(畜殺屋ロナルド・マクドナルド)までの作品では、カルト的象徴が、その安心感ある影響力を失い、集団的悪夢と化している。パペスキは世界中の数多くの美術館・画廊で作品を展示してきた。
2014年には、自叙伝「Vendere Svastiche e Vivere Felici」(ナチスを売りそして幸せに生きる)がモンダドーリグループのSperling &Kupfer社から出版された。

Max Papeschi
Max Papeschi arriva alla digital-art dopo l’esperienza da autore e regista in ambito teatrale, televisivo e cinematografico. Come artista figurativo il suo approccio con l’Art-World è stato d’immediato successo sia di pubblico che di critica. Il suo lavoro Politically-Scorrect, mostra una società globalizzata e consumista rivelandone i suoi orrori in maniera ironicamente realistica. Dal Topolino Nazista al Ronald McDonald Macellaio le icone cult perdono il loro effetto tranquillizzante per trasformarsi in un incubo collettivo. Ha esposto i suoi lavori in molte gallerie in giro per il mondo.
Nel 2014 è uscita in Italia la sua autobiografia “Vendere Svastiche e Vivere Felici” edita da Sperling & Kupfer (Gruppo Mondadori).

Altri video

その他のビデオ
ページの先頭へ