イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

CINEMA
2020.5.18 UP
ARTIST

Matteo Silvan

マッテーオ・シルヴァン

CABU CABU 011

本ビデオは、2020/5/18〜5/31までの限定公開です。
Questo video è visualizzabile esclusivamente dal 18 al 31 maggio 2020.

MESSAGGIO

メッセージ
チャオ、皆さん!
短編映画「CABU CABU 011」の監督、マッテーオ・シルヴァンです。
この作品では社会参加をコメディータッチで描いています。
この小さなお話を、海を越えて紹介できるこの機会に感謝します。
できれば日本に行きたかったのですが、現状ではそれが叶いません。
ですから、ヴァーチャルで皆さんにハグします。
では、どうぞご覧ください。

Presentazione

作品紹介

『CABU CABU 011』
CABU CABU 011は、社会参加(多文化共生)過程における典型的な障害、すなわち、相違、恐怖心、共通点の欠如によって引き起こされる、異文化との出会いに対する抵抗感をコメディタッチで描いた短編フィクション映画です。多くの場合、障害(フォッサーティが言うところの忌々しい壁)を乗り越えるために、さらに先に進むことができれば、人種や出身地を忘れ、まるまるそのままのその人自身、その複雑さや主観性に出会えます。この物語では、登場人物たちは、文化や出身地が異なるにもかかわらず、偶然の要素によってお互いに影響しあっています。厄介ごとはあったにしても、主人公たちは人間的に何かを得、家に帰るのでしょう。

マッテーオ・シルヴァン(監督)
1980年1月19日ヴィチェンツァ生まれ。トリノ大学のDAMS(芸術・音楽・興行学科)映画専攻に通うためトリノへ転居し、2005年に卒業。映画・テレビ分野の教育、インターン、マスタークラスを受ける中でフィルムメーカーの道へ進む。
現在はフリーランサーとして、マスコミ、企業、友人たちとコラボレーションしている。

『CABU CABU 011』
CABU CABU 011 è un cortometraggio di fiction che affronta, con il linguaggio della commedia, un classico ostacolo nel percorso interculturale: la resistenza a incontrare l’altro, motivata dalla diffidenza, dalla paura, dall’apparente mancanza di punti in comune. Spesso, quando si riesce ad andare oltre, a superare le barriere – i maledetti muri come direbbe Fossati – ci si dimentica delle razze e della geografia e si incontra finalmente l’individuo nella sua interezza, complessità e soggettività. In questa storia, degli elementi fortuiti costringono i protagonisti a interagire tra di loro, nonostante le distanze culturali e anagrafiche. Nonostante le disavventure, il ritorno a casa sarà umanamente gratificante per i protagonisti.

MATTEO SILVAN(REGISTA)
Nato a Vicenza il 19 gennaio 1980, si trasferisce a Torino per laurearsi al DAMS indirizzo cinematografico nel 2005. Tra stage, master class e corsi di formazione nel settore cinema e televisione si fa strada nel mondo del lavoro come Filmmaker. Oggi è un freelance e collabora con giornalisti, aziende e amici.

Per maggiori informazioni : http://www.cabucabu.it/

マッテーオ・シルヴァン監督の短編映画CABU CABU 011に関する全権利を含む独占的所有権はESSERCI scs(所在地:via della Consolata, 8 Torino)に帰属します。
サイトhttps://eventionline.netの利用者にはストリーミング視聴を許可します。
但し、いかなる形式・方法であったとしても、作品の全体または一部をダウンロードおよび録画することを禁じます。
あらゆる権利侵害は法の定めにより処罰されます。

Il cortometraggio CABU CABU 011, diretto da Matteo Silvan è di proprietà esclusiva di ESSERCI scs – via della Consolata, 8 Torino - che ne detiene tutti i diritti.
È concesso lo streaming a tutti gli utenti del sito https://eventionline.net.
Sono vietati il download e la registrazione totale o parziale dell’opera con qualsiasi forma o mezzo.
Ogni violazione sarà perseguita a norma di legge.

Altri video

その他のビデオ
2020.6.5 UP
Kalàscima Live in Osaka 2015
2020.5.6 UP
2020.5.6 UP
ページの先頭へ