イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2020.6.9 UP
ARTIST

Extravagantia Duo

エクストラヴァガンツィア デュオ

Sonata I in E flat major, BWV 525 Adagio (J. S. Bach)

MESSAGGIO

メッセージ
チャオ!フランチェスコとルイージのエクストラヴァガンツィア “ギター&チェンバロ” デュオです。
僕たちは今年の1月に大阪で演奏しました。
素晴らしい経験でした。
新しい企画を持って、皆さんに会いに日本に行けるよう願っています。
今回は、ヴィヴァルディ、アルビノーニ、コレッリといったイタリアのバロック音楽の重要な作曲家へのオマージュとなるでしょう。
では今から、昨年の秋にクレモナの美しい聖オモボノ教会で撮影したビデオをお届けします。
どうぞご覧ください。

PROFILO

プロフィール

ルイジ・アッカルド(チェンバロ)
カリアリ生まれ。カリアリ国立音楽院でローザビアンカ・ラケルに師事しピアノ科を修了。また、ピアチェンツァ国立音楽院でパオラ・ポンセに師事しチェンバロ科を修了。同校でチェンバロや室内楽の修士課程を終える。ローマ・ヨーロッパ・フェスティバル、ストレーザ・フェスティバル、ヴィリニュス古楽音楽祭、クロアチア・バロック音楽祭などイタリア内外の多くの音楽祭に出演。また、その他の演奏活動でも世界中のさまざまな国を訪れている。
ダッカーポ(Daccapoチェンバロデュオ)、アルティコラツィオーネ(ArtiCoolAzione)、ヴァンヴィテッリ・クァルテット(Quartetto Vanvitelli)、アッカデミア・ダルカーディア(Accademia d’Arcadia)など、多数のバロック音楽アンサンブルのメンバーとしても活動している。これまで10枚にのぼるCDをリリース。とりわけ2016年にリリースした「ラピス:ラ・ストラヴァガンツァ/12のチェンバロ・ソナタ」は、イタリアの音楽雑誌AmadeusやMusicaに優れた作品として取り上げられ、また世界中の音楽評論家からも高く評価された。

フランチェスコ・モルメンティ(ギター)
ポルデノーネ生まれ。同地でルチア・ピッツテルに師事した後、トリエステ国立音楽院でフレデリック・ジガンテに師事しギター科を修了。大学で作曲、指揮法についても学び、音楽に関わる学位をふたつ取得し、また音楽学で博士課程も修了。2018年パルマ国立音楽院の専門マスターで音楽解釈を学び、最高点で修了。1994年から2004年にかけて、ガルニャーノ国際ギターコンクール、全米ギター協会コンペティションなどイタリア内外のコンクールで受賞し、受賞数は20にのぼる。ソロとして、また室内楽奏者として、アメリカやヨーロッパ、アジア諸国で演奏。2002年には、アンジェロ・ジラルディーノ作曲ギター、アコーディオン、弦楽器のための作品“En las tierras altas“を世界初演する。クレモナ国立音楽院や音楽高校で教鞭を執るとともに、さまざまな学校で定期的にマスタークラスを開いている。

Luigi Accardo
Dopo il diploma in pianoforte, si è formato e diplomato in clavicembalo presso il Conservatorio di Piacenza. Nel medesimo Conservatorio ha anche ottenuto i diploma di secondo livello in Clavicembalo e Tastiere Antiche e in Musica da Camera. Si è esibito in numerosi festival e rassegne in Italia e nel mondo. È attivo in numerosi ensemble di musica barocca (Daccapo – Italian Harpsichord Duo; Articoolazione; Quartetto Vanvitelli; Accademia d'Arcadia; Cremona Antiqua) e può vantare nel suo curriculum la presenza di una decina di incisioni discografiche, tra le quali il recente CD “Santo Lapis – La stravaganza & 12 Harpsichord Sonatas” recensito con il massimo dei voti sulle prestigiose riviste italiane “Amadeus” e “Musica” e apprezzato dalla critica internazionale.

Francesco Molmenti
Pordenonese, si è formato con la maestra Lucia Pizzutel, diplomandosi nella classe di chitarra del maestro Frederic Zigante del Conservatorio di Trieste. Ha una formazione poliedrica che comprende studi di Composizione, Direzione d’Orchestra, due lauree cum laude in scienze musicologiche e un Dottorato di Ricerca in Musicologia. Nel 2018 ha conseguito presso il Conservatorio di Parma il Master di II livello di Alto Perfezionamento in interpretazione Musicale con la votazione di 110 e lode. Dal 1994 al 2004 si è distinto in diversi concorsi nazionali e internazionali, ottenendo una ventina di primi premi. Tali risultati lo portano a esibirsi, in veste di solista, solista con orchestra, e in diverse formazioni cameristiche in Europa, negli Stati Uniti e in Asia. Nel 2002 ha eseguito in prima assoluta il concerto di Angelo Gilardino “En las tierras altas” per chitarra, fisarmonica e archi. È docente presso il Conservatorio e il liceo musicale di Cremona e tiene regolarmente masterclass per Accademie di perfezionamento chitarristico.

Altri video

その他のビデオ
2020.7.7 UP
Concerto del Primo maggio 2017 a Roma
2020.7.14 UP
Allemande Suite in Mi minore (BuxWV 237) / Dietrich Buxtehude
ページの先頭へ