イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2020.6.5 UP
ARTIST

Kalàscima

カラシマ

Kalàscima Live in Osaka 2015

MESSAGGIO

メッセージ
カラシマのフェデリコ・ラガナです。
僕たちはプーリアのバンドで、5年前にイタリア文化会館-大阪が主催した素晴らしいコンサートツアーのために日本に行きました。
その際に、文化・歴史・音楽の魅力にあふれた国:日本を知ることができて光栄でした。
表面的なものだけに限れば、僕らのものとは隔たりがある世界に触れ、信じられないくらい素晴らしい経験をしました。
実は、イタリアと日本、そしてイタリア人と日本人は芸術と文化で強く結びついているのです。
僕たちにとって忘れがたいあの日々を皆さんと共有できて幸せです。
バンドの皆から日本の皆さんとイタリア文化会館-大阪に心からの挨拶を送ります。
現在、僕たちは離れ離れになっていますが、僕らの音楽とともに間もなくツアーに戻れるでしょう。
僕たちカラシマは日本にも早く戻れるよう願っています。
カラシマ・・・日本

PROFILO

プロフィール

カラシマ
プーリア州サレント地方出身で、地元の音楽を共に歌い奏でながら育った友人6人が2003年に結成したグループ。同地の伝統的な民族音楽をもとに、バルカン音楽や、東欧系ユダヤの民謡をルーツにした音楽、クレズマーなどの外国の音楽のほか、電子音楽の要素も取り入れている。ザンポーニャ、バグパイプ、ラウネッダス、タンブリン、マンドリンなどの民族楽器を用いつつ、現代的な音色を奏でる独自の世界を創りだしている。
イタリア国内外の数多くのコンサートや音楽フェスティバルで演奏。2012年のオーストラリアツアーでは、国営放送ABCラジオ・ナショナルが一公演を完全収録した。また2013年にはAWME(オーストラリア・ワールド・ミュージック・エキスポ)にイタリアのバンドとして唯一招聘されて演奏。同年、エクアドル、ドイツ、デンマーク、ベルギー、スイスで公演したほか、ハンガリーのシゲット・サウンド・フェスティバルにも参加した。その後も、南米、北欧、中東の国々でコンサートを開いている。2015年には初来日ツアーも実施。福岡および大阪公演では、総立ちの観客がカラシマの音楽にあわせて踊り、バンドと一緒にコンサートを創りあげた。
これまでに自主製作で『Santa Maria del Foggiaro』(2010年)、Ponderosaレーベルより『Psychedelic trance tarantella』(2014年)、『K』(2018年)の3枚のアルバムをリリース。『Psychedelic trance tarantella』は、イタリアの重要な音楽賞であるテンコ賞にノミネートされたほか、CMJワールドのラジオチャートで8週間10位以内にランクインした後に1位を獲得、ワールドミュージックチャートヨーロッパでも6位になるなど世界の主要ラジオネットワークでオンエアされ好評を博した。
カラシマは2015年の11月にフランスの音楽雑誌トラッドマガジンの表紙を飾った。さらに、2019年6月には、パティ・スミスのイタリア・ターラント公演のオープニングアクトも務めた。

Kalàscima
Sei amici del profondo Salento, cresciuti insieme suonando e cantando sin da bambini le melodie e i ritmi ipnotici del magico rituale della Taranta, reinventano la tradizione con un mix ottenuto mescolando massicce dosi di elettronica e beat lisergici con melodie originali e le atmosfere folk delle proprie origini.
L’ultimo album prodotto è “K” (2018), e sposta ancora più avanti il baricentro attraverso un approccio fuori dagli schemi e lontano dalla comodità; dialetto salentino, inglese e griko creano un ponte immaginario tra la musica pugliese e la scena internazionale.
Il live set dei Kalàscima è energico e potente e abbraccia strumenti tipicamente tradizionali e rari (zampogna, ciaramella, launeddas, tamburello, organetto, irish bouzouki) a strumenti moderni (laptop, loop machine e sintetizzatori) per un suono completamente originale, che pur restando legato alla tradizione si apre con un respiro internazionale, contemporaneo e urbano.
È l’antico che incontra il moderno con un risultato originale ed esplosivo. I Kalascima stanno conquistano il pubblico di tutto il mondo con il loro groove: il loro sound li ha catapultati sulla scena world internazionale e li ha portati a suonare in Festival del calibro di SXSW (US), Roskilde Festival (DK), Colours of Ostrava (CZ), Tallin Music Week (EE), SIM Sao Paulo (BR), Mundial Montreal (CA), Seoul Music Week (KR), Babel Med (FR), Seoul Music Week (KR), Folk Alliance International Conference (CA), Fira Mediterrania de Manresa (ES), Australasian World Music Expo (AU), Medimex (IT) e tanti altri, guadagnando il favore della critica e una fan base eccitata.
A giugno 2019 hanno aperto il concerto italiano di Patti Smith a Taranto guadagnandosi l’attenzione e l’interesse dell’icona rock che ha lodato la loro energia sul palco.
Due tour in Australia, Ecuador, Brasile, Giappone Corea del Sud, Cina India, USA, Israele, Germania, Danimarca, Belgio, Svizzera, Francia, Spagna, Portogallo, Repubblica Ceca, Polonia, Ungheria, Slovacchia, Austria, Albania, Croazia, Slovenia, Kosovo, Macedonia, Estonia, Lettonia, Jordan hanno reso solida la loro reputazione internazionale.
Il loro album Psychedelic Trance Tarantella (Ponderosa, 2014) li ha portati alla candidatura al Premio Tenco inoltre, dopo 8 settimane nella top 10 si è classificato al primo posto nella World CMJ Radio Chart e nell’aprile 2015 al sesto posto nella World Music Chart Europe. Psychedelic Trance Tarantella presenta inoltre una collaborazione artistica con il maestro Ludovico Einaudi che suona il pianoforte nel brano “Due mari”. La musica e i live dei Kalascima sono stati trasmessi da alcuni tra i più importanti network radiofonici internazionali tra cui: ABC Australia (AU), RTHK (Hong Kong), WDR (DE), RTBF (BE), RSI (CH), Radio 3 RAI (IT). Nel novembre 2015 la rivista musicale francese Trad Magazine ha dedicato loro la copertina.

Altri video

その他のビデオ
2020.7.22 UP
La strada del ritorno
2020.10.15 UP
L’Italia dei mille mandolini #5 (Napoli)
ページの先頭へ