イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2020.6.16 UP
ARTIST

VillaZuk

ヴィッラズク

Quando tutti dormono

MESSAGGIO

メッセージ
ヴィッラズクから皆さんにご挨拶します。バンドのヴォーカルとギターを担当しているドメニコ・スカルチェッロです。
イタリア文化会館-大阪と知り合い、僕たちの音楽を皆さんと共有することを幸せに思います。
「共有する」という単語は、近頃、人間たちに少し裏切られた感がありますが、皆さんはどう思いますか?
というのも、僕たちは、この素晴らしい単語を、具体的な考えを「あてはめる」ことを忘れて、スマートフォンの上で指を動かすだけの怠惰なものに変えようとしています。
もしかしたら、ちょっと複雑に見えるかもしれませんが、実際には、それが僕たちの歌の中で言っていることなのです。
皆さんに「Quando tutti dormono」(皆が眠るとき)というタイトルの曲をお届けします。
「皆が眠るとき」には、おそらく、僕らが自分自身を再発見するのを助けてくれる静寂と孤独があります。そして、僕らが自分自身を再発見するとき、多分、この時、この世界で自分たちが何をしようとしているのか、そして、自分の夢や考え、現実、自分たちがやっていることを、本当の意味で他の人たちと、どのように共有できるかがよく分かるでしょう。
実際、イタリアで僕たちが過ごしてきた、この2ヶ月の隔離期間は長い夜、とても長い静寂と孤独の夜だと思えます。
気をつけて!もう二度と同じことが起こってほしくありません。早く収束して、二度と起きないことを祈ります。でも、同時に、以前と全く同じ状態に戻るのではなく、何かちょっと変わることを祈ります。
皆さんはどう思いますか?
では、「Quando tutti dormono」(皆が眠るとき)をどうぞお聴きください。
南イタリアのカラブリアから、皆さんに大きなキスを送ります。僕たちは、皆さんの文化を知りたくてたまりません。そして、夢見る僕たちメンバーは皆さんと身近に知り合いたいと願っています。
もう一度、ヴィッラズクからのハグを。

PROFILO

プロフィール

ヴィッラズク
カントリー、ポップス、レゲエのニュアンスが融合した音楽。ヴィッラズクは、2009年にプレシラ・コセンティーナで結成され、ダイナミックなリズム、アップビートの個性とニュアンス、際立ったメロディーセンス、イマジネーション豊かな表現力など多種多様な特徴が融合した音楽を提供している。
ファーストアルバムで彼らの名を全国に知らしめた後、ドメニコ・スカルチェッロ、アンドレア・ミネルヴィーニ、エウジニオ・フェッラーロは他のバンドメンバーとともに、恐怖・泥沼状態・解放・取り戻すべき憧れについて述べた万華鏡のようなアルバム「Meno Male Robertino」をリリース。
- 2010年4月、バンドはイタリア全国から76組が参加した国内コンクール「Bsidemusicontest」で優勝し、副賞として2011年4月にスタートした「イタリア国内ミニツアー」を獲得。
- 2010年7月末、1stアルバム「…a colorare Libertà」をリリース。
- 楽曲「Fiorecrì」が、SI4fest委員会主催でローマで開催された、2011年の国民投票の肯定を促すイベント「ConcertOne」の紹介ビデオのテーマ曲に選ばれる。このビデオは同コンサートの開始時と終了時に上映され、ルチャーノ・リガブーエ、レオ・グッロッタ、フィカッラ・エ・ピコーネを含む大勢の有名アーティストの言葉とともにCurrentTV等のテレビでも放映された。
- 24グラナ、アルボロジエ、エンリコ・カプート等と重要な舞台で共演。
- Raiラジオ1を含む多数の国内ラジオ曲がアルバム「…a colorare Libertà」の収録曲をオンエア。
- 2012年7月18日、2013年春にリリースされることになる2ndアルバムからのシングル「Meno Male Robertino」を発表。
- 2013年2月、M.E.I、On Mag Promotion、200以上のラジオと400以上のWebラジオが推進したコンピレーションアルバム「Meet’n'Radio」に楽曲「Fiorecrì」で参加。
- 2014年冬、バンドは2ndアルバムのプロモーションのためイタリア国内の主要都市を巡るツアーを実施。
- 2014年、ヴィッラズクは、コンクール「1MFestival」のファイナルステージに進み、全国で選出された500組以上のバンドの上位8組に入った。
- 2014年から2015年にかけて、リベラメンテとプロミディアが推進し、コセンツァ刑務所で開催されたプロジェクト「La Musica per un nuovo inizio」に音楽および楽曲制作で参加。
- 2015年10月、「世界イタリア語週間」において、イタリア教育・大学・研究省、イタリア外務・国際協力省、クルスカ協会、イタリア語史協会とのコラボレーションのもと、Raiラジオ3によって選ばれ、イタリア語の使用啓蒙イベントGiornata ProGrammatica(文法の日)に参加。
- 2016年カラブリアで際立った存在となったとして、音楽部門で「芸術におけるニンフ」賞を受賞。
- 2017年夏、3枚目のアルバムからシングル“Quando tutti dormono”(皆が眠るとき)が先行発売され、すぐにIndie Music Likeチャートで1位を獲得。
- 7月には「デ・アンドレ」賞のカラブリア大会の断トツのファイナリストとして表彰台に上った。
- 8月には「デ・アンドレ」賞の全国大会のセミファイナルに参加、全国から選抜された13組の中に入る。
- 2018年、ローマのアウディトリウム・パルコ・デッラ・ムージカで開催された反マフィア音楽賞のファイナリストとなる。
- 「プリモ・マッジョ・ローマ」特別賞を受賞。それにより、1M Next 2019コンテストの全国ファイナルに参加するに至った。

VillaZuk
La forma canzone cantautorale che si innesta di sfumature country, pop e reggae. I VillaZuk si formano nella Presila cosentina nel 2009 e sono la fusione di caratteri stilistici variegati, mescolati in un calderone che ha ritmiche dinamiche, colori e tinte in levare, spiccato senso melodico e una scrittura immaginifica e dotata di innegabile espressività.
Dopo il loro primo album, che li ha portati in lungo e in largo per il Belpaese, Domenico Scarcello, Andrea Minervini ed Eugenio Ferraro insieme agli altri amici musicisti del gruppo presentano “Meno Male Robertino”, un disco caleidoscopico, che parla di paure e di sabbie mobili, di liberazioni e desideri da ritrovare.
- Ad Aprile 2010 vincono il concorso nazionale “Bsidemusicontest”, dove si aggiudicano fra 76 gruppi provenienti da tutta Italia, l’annesso premio del “mini-Tour in Italia”, partito poi nell’Aprile 2011;
- A fine Luglio 2010 arriva il loro primo album “…a colorare Libertà”;
- Il brano Fiorecrì viene scelto come sigla del video di presentazione del ConcertOne a favore del SI per il Referendum 2011, evento organizzato dal comitato del SI4fest, tenuto a Roma, in Piazza del Popolo il 10 Giugno 2011. Nel video, proiettato all’ inizio e alla fine del concerto, e mandato in onda su reti TV (tra cui Current TV), anche le parole di numerosi artisti noti (tra cui Luciano Ligabue, Leo Gullotta, Ficarra e Picone, ecc.);
- Condividono palchi importanti con 24 GRANA, ALBOROSIE, ENRICO CAPUANO;
- Numerose stazioni radiofoniche nazionali (tra cui RaiRadio1) trasmettono i brani dell’album “…a colorare Libertà”;
- Il 18 Luglio 2012 pubblicano il singolo “Meno Male Robertino”, brano tratto dal secondo lavoro discografico che uscirà nella Primavera del 2013;
- Fanno parte con il brano Fiorecrì della compilation Meet’n'Radio di Febbraio 2013, promossa dal M.E.I e da On Mag Promotion e in rotazione su oltre 200 Radio e 400 WebRadio.
- Nell’inverno 2014 la band è in tour nelle maggiori città del Belpaese, impegnata nella promozione del secondo album.
- I VillaZuk raggiungono la fase finale del concorso 1MFestival 2014, posizionandosi tra i primi 8 gruppi su oltre 500 selezionati.
- Vincono il Premio della Critica "Amnesty International - Nel 2014/2015 sono nuovamente impegnati in un progetto, “La Musica per un nuovo inizio”, sulla musica e sulla scrittura delle canzoni, nella Casa Circondariale di Cosenza, promosso dalle associazioni LiberaMente e Promidea.
- Nell’Ottobre 2015 vengono scelti da Radio3 Rai, in collaborazione con MIUR, MAECI, Accademia della Crusca e ASLI per partecipare alla Giornata ProGrammatica, per sensibilizzare all’uso della lingua italiana, durante la settimana della lingua italiana nel mondo.
- Nel 2016 vincono il premio Ninfeo in Art per essersi distinti in Calabria nella categoria Musica.
- Nel 2017 in estate viene pubblicato il singolo “Quando tutti dormono”, singolo che si piazza subito nelle prime posizioni della classifica Indie Music Like e che anticipa l’uscita del terzo album della band.
- A luglio conquistano il podio come vincitori assoluti della finale regionale Calabria del Premio De Andrè, premiati da Carlo Massarini.
- Ad agosto partecipano poi alle semifinali nazionali del Premio De Andrè e vengono selezionati tra i 13 finalisti nazionali.
- Nel 2018 entrano in finale per il premio Musica contro le mafie tenutasi all’Auditorium Parco della Musica di Roma.
- Vincono il Premio speciale “Primo Maggio Roma”, grazie al quale parteciperanno direttamente alla finale nazionale del contest 1M Next 2019.

Altri video

その他のビデオ
2020.5.29 UP
2020.7.22 UP
La strada del ritorno
2020.8.13 UP
2020.11.29 UP
ページの先頭へ