イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2020.8.13 UP
ARTIST

In Tempore Belli
Guitar Trio

イン・テンポレ・ベッリ ギタートリオ

“Sinfonia XII BWV798/
Sinfonia II BWV788” di J.S. Bach

MESSAGGIO

メッセージ
〈F.モルメンティ〉
チャオ!フランチェスコ・モルメンティです。
僕は今年の1月にイタリア文化会館-大阪が主催したコンサートで皆さんのために演奏しました。
今日は皆さんに新しいプロジェクト「イン・テンポレ・ベッリ」トリオを紹介します。
〈F.ミリエッティ〉
「イン・テンポレ・ベッリ」ギタートリオはコロナウィルスの隔離期間中に誕生しました。
私達は落ち込む代わりに、バロック音楽の作曲家J.S.バッハをテーマの中心とした
演奏会プログラムを提案することにしました。
〈D.モネータ〉
現在、僕たちはCDを準備中です。
早く大阪に行って、そのCDを紹介しようと考えています。
とりあえず、このビデオでJ.S.バッハのシンフォニアを2曲ご紹介します。
どうぞお楽しみください。

PROFILO

プロフィール

イン・テンポレ・ベッリ ギタートリオ
In Tempore Belli Guitar Trio(イン・テンポレ・ベッリ ギタートリオ)は、2020年3月、新型コロナウィルス感染症予防対策の隔離期間中にミラノで結成された。それまでに様々なフォーメーションで豊富な音楽経験を積んできたファビオラ・ミリエッティ、フランチェスコ・モルメンティ、ダヴィデ・モネータの3人が同じ家に住むことになったことがきっかけである。
各自が様々な形で研鑽を積んできたバロック音楽への熱い思いで結びついた彼らは、それまでの自分たちの経験を注ぎ込んで、J.S.バッハとA.ヴィヴァルディに捧げる演奏会プログラムを準備することを決意。同時にJ.S.バッハの楽曲を収めたCDのレコーディング企画も誕生し、同CDは2020年10月のリリース予定である。収録予定曲の大部分はこのトリオによって独自にアレンジされている。

In Tempore Belli Guitar Trio
“In Tempore Belli Guitar Trio” nasce a Milano nel marzo 2020 durante la quarantena imposta dalla pandemia causata dal virus COVID-19. Fabiola Miglietti, Francesco Molmenti e Davide Moneta, compagni di mille avventure musicali nelle più svariate formazioni, hanno la fortuna di ritrovarsi a vivere nella stessa abitazione.
Uniti dall’amore per la musica barocca, che perfezionano da anni in diverse formazioni (cfr. ad es. l’integrale delle trio sonate di Bach per chitarra e clavicembalo incise da Francesco Molmenti con il clavicembalista Luigi Accardo per Dynamics) decidono di mettere a frutto le loro esperienze e preparare un programma da concerto dedicato alle figure di J.S. Bach e di A. Vivaldi.
Nasce contestualmente il progetto della registrazione di un CD dedicato alla musica di J.S. Bach, prevista per Ottobre 2020. La maggior parte delle musiche proposte nasce da trascrizioni originali del trio.

Altri video

その他のビデオ
2020.6.5 UP
Kalàscima Live in Osaka 2015
2020.6.9 UP
Sonata I in E flat major, BWV 525 Adagio (J. S. Bach)
ページの先頭へ