イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2020.9.22 UP
ARTIST

Irene Grandi

イレーネ・グランディ

Irene Grandi Live

MESSAGGIO

メッセージ
皆さん、こんばんは。イレーネ・グランディです。
今夜、本当に特別で、日本と同じくイタリアでもとても大切なイベント:京都ーフィレンツェ姉妹都市提携55周年のために歌います。
フィレンツェは私の生まれた街です。
今、私のパワフルなトリオと一緒に居ます。
今夜、この豊かな文化と歴史を持つ2つの街の55周年を、音楽を通して祝うコンサートをお届けします。
どうぞお楽しみください!

京都-フィレンツェ姉妹都市提携55周年記念特別プログラム
Programma speciale per il 55° anniversario del gemellaggio tra Firenze e Kyoto

Presentazione

企画紹介

2020年9月22日、京都市とフィレンツェ市は姉妹都市提携55周年を迎えました。それを記念して、国際的に活躍するイタリアの歌姫:イレーネ・グランディが、生まれ育った街フィレンツェから日本の皆様に向けて心をこめて歌います。
このビデオコンサート企画は、新型コロナウィルスにより打撃を受けた観光業を主要産業の一つとする日伊の古都が、互いの友情を再確認し、共に困難を乗り越えて、さらなる文化交流と、より充実した友好・協力関係の構築を実現していこうという思いから、New Age Productionの協力およびフィレンツェ市、京都市、在大阪イタリア総領事館の支援のもと誕生しました。
イレーネ・グランディ・カルテットによるイタリアの素晴らしい音楽とフィレンツェの雰囲気をお楽しみください。

出演
イレーネ・グランディ・カルテット
 イレーネ・グランディ(Irene Grandi):ヴォーカル
 サヴェリオ・ランツァ(Saverio Lanza):ギター/キーボード/コーラス
 ファブリツィオ・モルガンティ(Fabrizio Morganti):ドラム
 ピエロ・スピティッリ(Piero Spitilli):エレキベース

演目
1. La cometa di Halley(ハレー彗星)
2. Alle porte del sogno(夢の扉)
3. Se mi vuoi(あなたが望むなら)
4. Ballata #2 di Sacco e Vanzetti (映画「死刑台のメロディー」より/サッコとバンゼッティのバラードPART2)
5. Prima di partire per un lungo viaggio(旅立つ前に)
6. Finalmente io(とうとう私は)
7. La tua ragazza sempre(ずっとあなたの彼女)
8. Un vento senza nome(名もなき風)
9. Lasciala andare(なすがままに)

イレーネ・グランディ(Irene Grandi)は1969年12月6日 、イタリアはフィレンツェ生まれの歌手。
1994年に、ジョヴァノッティが彼女のために書きおろした「Fuori」と「T.V.B.」という曲で一躍有名となる。さらに翌年の1995年、50万枚のセールスを記録したアルバム「In vacanza da una vita」に収録された同タイトルのシングルや「Bum Bum」という曲で大きな成功を収めた。ジョヴァノッティ、クラウディオ・バリオーニ、パオロ・ヴァッレージ、ピノ・ダニエレ、ヴァスコ・ロッシ、エリオ・エ・レ・ストーリエ・テーゼ、ティツィアーノ・フェッロといった著名なイタリア人アーティストたちともしばしばコラボレーションし、ラップ、ポップス、ソウル、ブルースやジャズなど、幅広いジャンルの曲を、イタリアらしいメロディーを損なうことなく見事に歌い上げている。なお、ティツィアーノ・フェッロのアルバム「L’amore è una cosa semplice」の収録曲「Paura non ho」はイレーネが作曲した。
2008年には作家として初の自叙伝を発表し、また、イタリアでクリスマスアルバムをリリースした初の女性歌手となった。
これまでにスペイン語でも歌ったほか、ドイツ、フランス、インド、アフリカの各言語でのデュエットも披露し、アルバム販売総数は約500万枚、イタリアではダイアモンドディスク1枚、プラチナディスク9枚、ゴールドディスク4枚を獲得。また、ヒットチャートのトップ10にアルバム9枚とシングル8枚がランクイン、うちシングル1枚は1位になった。
サンレモ音楽祭に6回出場し、2000年には「La tua ragazza sempre」という曲で2位を獲得。2020年にはヴァスコ・ロッッシ提供の「Finalmente io」で参加。また、Festivalbar(イタリアの歌唱コンクール)に6回参加、2度表彰台に上がり、ラジオ賞も獲得している。2009年、Windミュージックアワード受賞。2011年、サンレモ音楽祭ヒット賞受賞。

Il 22 settembre 2020 le città di Firenze e Kyoto celebrano il 55°anniversario del loro gemellaggio. In questa occasione l’Istituto Italiano di Cultura di Osaka presenta, con la collaborazione della New Age Productions e con il sostegno del Consolato di Osaka, del Comune di Firenze e del Comune di Kyoto, il video-concerto di Irene Grandi, cantante fiorentina di fama internazionale. Nel video, oltre alla fantastica musica di Irene Grandi e del suo power trio, troverete anche immagini suggestive di Firenze e i saluti di amicizia dei Sindaci delle due città.
Il videoconcerto di Irene Grandi nasce dal desiderio di consolidare il patto di amicizia e di collaborazione tra le due antiche capitali che hanno subito colpi durissimi a causa dell’epidemia, specialmente nel settore del turismo. Il videoconcerto arriva da Fiorenze con l’augurio di superare uniti questa crisi, attraverso lo scambio culturale.

Artista
Irene Grandi Quartetto
   Irene Grandi: voce
   Saverio Lanza: chitarra/tastiera/cori
   Fabrizio Morganti: batteria
   Piero Spitilli: basso elettrico

Programma
1. La cometa di Halley
2. Alle porte del sogno
3. Se mi vuoi
4. Ballata #2 di Sacco e Vanzetti
5. Prima di partire per un lungo viaggio
6. Finalmente io
7. La tua ragazza sempre
8. Un vento senza nome
9. Lasciala andare

Irene Grandi (Firenze, 6 dicembre 1969) è una cantautrice italiana.
Nel 1994 viene scoperta dal grande pubblico grazie alle canzoni “Fuori” e “T.V.B.”, scritta appositamente per lei da Jovanotti, ma il grande successo giunge l’anno seguente, nel 1995, quando vende oltre 500.000 copie in Italia dell’album “In vacanza da una vita”, trainato dal fortunato singolo omonimo, e dal successo del brano “Bum bum”. Ha attraversato diversi generi musicali, tra cui rap, pop, soul, blues e jazz, ma senza rinunciare alla melodia italiana, collaborando spesso con artisti del panorama musicale nazionale, tra cui, Jovanotti, Eros Ramazzotti, Claudio Baglioni, Paolo Vallesi, Pino Daniele e Vasco Rossi, fino ad Elio e le Storie Tese e Tiziano Ferro, per cui la cantante toscana ha firmato un brano contenuto nell’album “L’amore è una cosa semplice” (2011).
Il 2008 la vede anche autrice scrittrice della sua prima autobiografia ufficiale e prima donna ad interpretare un intero album natalizio (Canzoni per Natale) in Italia.
Nel corso della sua carriera ha cantato anche in spagnolo e ha eseguito duetti in tedesco, francese, indiano e in lingue africane, vendendo circa 5 milioni di dischi, premiati in Italia con un disco di diamante, nove dischi di platino e quattro dischi d’oro e posizionando nelle top-ten delle classifiche italiane 9 album e 8 singoli, di cui un singolo al numero uno.
Ha partecipato sei volte al Festival di Sanremo, raggiungendo il secondo posto nel 2000 con il brano “La tua ragazza sempre”, e nel 2020 con il brano “Finalmente io” scritto da Vasco Rossi per lei. Ha inoltre preso parte, come cantante, a sei edizioni del Festivalbar, conquistando due volte il podio e vincendo il Premio Radio. Nel 2009 ha vinto un Wind Music Award e nel 2011 un Sanremo Hit Award.

Altri video

その他のビデオ
2020.5.6 UP
2020.8.25 UP
L’Italia dei mille mandolini #2(Torino)
2020.6.5 UP
Kalàscima Live in Osaka 2015
ページの先頭へ