イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

ALTRI
2020.11.29 UP
ARTIST

Masami Kawakami

リストランテ タントタント グランシェフ 河上 昌実

『ブロデット』

MESSAGGIO

メッセージ
Ciao a tutti!
リストランテ タントタントのグランシェフ:河上昌実です。
私のイタリアの家があるマルケ州ペーザロの『ブロデット』をご紹介します。

世界イタリア料理週間2020記念プログラム
Programma speciale per la Settimana della cucina italiana nel mondo 2020

Presentazione

企画紹介

このイベント特設サイトは、イタリア人アーティストのメッセージとパフォーマンスをご紹介するために開設されました。しかし、世界イタリア料理週間中である現在も新型コロナウィルス感染症の拡大で外食にも大きな影響が出ている状況をうけ、特例としてイタリアで研鑽を積んだ日本人シェフたちによるお料理教室ビデオを掲載することになりました。イタリア料理はイタリアが誇る文化のひとつだからです。

リストランテ タントタント グランシェフ 河上 昌実
『ブロデット』


世界イタリア料理週間2020を記念し、日本のイタリア料理ファンのために京都イタリア料理研究会の幹部シェフがビデオ料理教室を開催します。第1回は同研究会初代会長のリストランテ タントタント/河上昌実グランシェフの登場です。

京都イタリア料理研究会
京都イタリア料理研究会は1988年に発足。日本では入手できるイタリア食材がまだまだ乏しかった時代に、その調理法をはじめとするイタリア料理についての知識と調理技術を高めることを目的に、京都に店を構えるイタリア料理店のオーナーシェフたちが集まって情報交換を始めたことから誕生した。以来30年以上にわたって、定期的に勉強会を開催するほか、日伊友好や被災地支援を目的としたチャリーティーイベントや、老人ホーム等の施設訪問、医療機関への差し入れなど、イタリア料理を通じた社会貢献活動も行っている。
河上昌実初代会長曰く、「発足当初の会員は5~6人。その頃は、互いの技術の向上と、イタリア料理の文化を少しでもお客様に伝えることが主な活動目的でした」とのこと。
やがて参加する仲間も増え、現在の会員数は 50名を超える。当時に比べて、日本にイタリアの食文化が浸透しつつある今、さらなる料理技術の研鑽、そして食材の研究など、会員全員のレベルをより向上させる活動を続けている。

河上 昌実

1950年
京都生まれ
1971年
神戸学院大学栄養学部卒業
1973年
管理栄養士資格取得
1976年
渡欧(イタリア料理界に入る)
1983年
京都市三条戎町にてオステリア・ペントラを1号店として独立開業
1985年
有限会社ペントラを設立、1号店を移転増築し2号店としてオープン
1992年
三条堺町の京町家を改修し3号店バール・タントタントを開店
のちにリストランテ・タントタントに改名
京都イタリア料理研究会発足 初代会長に就任
1998年
元キンシ正宗(日本酒販売所)として使用されていた京町家を改修し 4号店としてトラットリア・ピッツェリアあるとれたんとを開店
2000年
ワイン輸入業を行う為、有限会社ペルバッコを設立
2002年
リストランテ・タントタントとトラットリアあるとれたんとが 「歴史街道」の町家に指定される
2004年
長年のイタリア食文化の普及に寄与した功績が評価され 「イタリア連帯の星」カヴァリエーレ勲章をイタリア大統領より授与される
イタリア・マルケ州に4ヘクタールのブドウ園と農家を購入
2006年
ワイン輸入販売店クラ・デル・ヴィーノを開店(NHKにて放映)
2009年
台湾料理オリンピック出場 銅賞授賞
2010年
ワインバー・サロットかわかみを開店
2018年
オステリア・アルトレタント移転リニューアルオープン
2021年
イタリア・マルケでのワイン造りに向けて準備中

1992年に京都イタリア料理研究会を発足の後、初代より会長を4年務め、現在も顧問として携わっている。
京都の町家を保存すべく店舗として活用し、現在の町家ブームの先駆者的な存在でもある。
イタリアのスローフードに賛同し、京都ならではの露地もの京野菜や新鮮な魚介類にこだわったメニューを展開。
毎年イタリアの食文化を伝える百貨店(大丸、高島屋、伊勢丹、阪急など)のイタリアンフェスタをプロデュースしている。
その他テレビ出演(読売テレビ、毎日テレビ、関西テレビ、朝日テレビ)、雑誌(家庭画報など)取材など多数。
2005年フィレンツェー京都市の姉妹都市40周年記念、京都市美術館フィレンツェ展で行われた食文化イベントのプロデュースなども手掛けている。
現在3店舗のグランシェフを務め、京都とイタリアとの食文化の提案の架け橋となるべく、日本とイタリアを往復している。

リストランテ タントタントHP:http://www.tantotanto.net/A_tantotanto/


In origine, il sito IIC Osaka Eventi Online è realizzato per presentare videomessaggi e videoperformance di artisti italiani. Successivamente, tenendo conto della situazione attuale in cui la popolazione è costratta a limitare anche l’utilizzo di servizi di ristrazione, abbiamo deciso di presentare eccezionalmente delle video-lezioni di cucina italiana realizzate da tre chef giapponesi che hanno studiato la cucina italiana in Italia, perché la cucina è uno dei pilastri della cultura italiana.


Ristorante Tanto Tanto Grand chef Masami Kawakami
“Brodetto”


Per celebrare la settimana della cucina italiana 2020, i pilastri dell’Associazione di Studi sulla Cucina Italiana di Kyoto trasmettono una lezione di cucina online per i fan della cucina italiana in Giappone.

L’Associazione di Studi sulla Cucina Italiana di Kyoto è stata fondata nel 1988, quando ancora era difficile trovare ingredienti per la cucina italiana in Giappone. Iniziò quando alcuni ristoratori a Kyoto cominciarono a trovarsi periodicamente per scambiare informazioni, soprattutto sulle metodologie e le conoscenze per perfezionare le tecniche culinarie. Da allora per oltre 30 anni l’associazione svolge periodicamente seminari e attività sociali attraverso la cucina italiana quali eventi che rafforzano l’amicizia l’Italia e il Giappone, o eventi di beneficienza, oltre a visite a case di riposo o donazioni a strutture mediche.
Secondo il primo presidente Masami Kawakami, erano in 5-6 quando iniziarono, con l’intento di elevare la qualità della cucina e poter trasmettere un po’ la cultura della gastronomia italiana ai propri clienti.
Con il passare del tempo, aumentarono gli iscritti, che ora ammontano a 50. Ora rispetto al passato la cucina italiana è più diffusa in Giappone, e l’obiettivo ora resta raffinare ancor di più la tecnica, approfondire la conoscenza degli ingredienti, organizzando attività per alzare il livello di tutti gli iscritti.

Masami Kawakami
1950
Nasce a Kyoto
1971
Laureato in Dietistica presso l’Università di Kobe Gakuin
1973
Ottiene la licenza statale di dietista
1976
Si trasferisce in Europa e comincia a lavorare nel campo della cucina italiana
1983
Apre il primo ristorante Osteria Pentola a Kyoto
1985
Fonde la ditta Pentola s.r.l.
Trasferisce il primo ristorante, ampliandolo e presentandolo come secondo ristorante.
1992
Apre il Bar Tanto Tanto (l’attuale nome è Ristorante Tanto Tanto) .
Questo ristorante crea un trend di ristoranti di Machiya (case tradizionali giapponesi in stile kyotese).
Fonda l’Associazione di Studi sulla Cucina Italiana di Kyoto e viene nominato primo presidente.
1998
Apre la trattoria-pizzeria Altrettanto il cui edificio è una Machiya
2000
Fonda la ditta Perbacco s.r.l. per importare vini italiani
2002
Il Ristorante Tanto Tanto e la Trattoria Altrettanto sono classificati come progetti
significativi che riguardano le Machiya dal Consiglio Promozionale di Rekishi Kaido
2004
Viene insignito del titolo di Cavaliere dell'Ordine della Stella d'Italia per il contributo alla diffusione della cucina e della cultura italiana in Giappone Acquista una vigna di 4 ettari con casa agricola nelle Marche
2006
Apre l’enoteca Cura del Vino
2009
Vince la Medaglia di bronzo alle Olimpiadi Culinari di Taiwan
2010
Apre il Wine Bar Salotto Kawakami
2018
Trasferisce la trattoria-pizzeria Altrettanto e la riapre come osteria Altrettanto
2021
Lavora nella produzione dei vini con le uve della sua vigna nelle Marche

Altri video

その他のビデオ
ページの先頭へ