イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2021.4.2 UP
ARTIST

Trio Vezzoso/Collina/Marchesini

トリオ ヴェッツォーゾ/コッリーナ/マルケジーニ

Italian Spirit

MESSAGGIO

メッセージ
「Italian Spirit」では、僕たちの演奏スタイルに合う楽曲を手間暇かけて選びました。
そのあと、1曲1曲の美しさが引き立つようにハーモニーやリズムなど、アレンジの詳細をつめていきました。
新型コロナウィルス感染症のためバラ色とは言い難いこの時期、このコンサートをご覧くださる皆さんに心配事を忘れていただけるよう、そして皆さんに感動をお届けできるよう願っています。(マルコ)
コンサートをご覧くださる皆さんが、現代のアーティストたちの名曲を聴きながら、何の心配もなく、純粋に楽しい気持ちで一時を過ごしてくださいますように!(アレッサンドロ)

Presentazione

企画紹介

音楽祭「DIM2015」(Dicembre in Musica 2015)や、2017年の来日ツアーでも好評を博したマルコ・ヴェッツォーゾ&アレッサンドロ・コッリーナが、ドラマー/パーカショニストのアンドレア・マルケジーニをサポートメンバーに迎え、彼らの最新アルバム『Italian Spirit』を紹介するコンサートを開催。
オルトヴェーロ市(イタリア共和国リグーリア州サヴォーナ県)の全面的な支援のもと、同市のカゾーネ劇場から、ヴァスコ・ロッシ、サムエーレ・ベルサーニ、ルーチョ・ダッラ、ティロマンチーノなどのイタリアンポップスの名作を独自のアレンジでお届けします。
この企画は、音楽を通じて、サヴォーナ県の内陸地や、中世から続くリグーリア地方の村々の食文化を周知していこうという、オルトヴェーロ市のプロモーション活動の一環として実現しました。

出演
マルコ・ヴェッツォーゾ(トランペット)
アレッサンドロ・コッリーナ(ピアノ)
アンドレア・マルケジーニ(パーカッション)

マルコ・ヴェッツォーゾ
アルバ生まれ。10歳でクラシック・トランペットを学びはじめ、その後、トリノ国立音楽院を卒業。常にジャズと即興演奏に情熱を傾け、パオロ・フレズ、デイヴ・ダグラス、ウィントン・マルサリス等のマスタークラスに数多く参加する。2012年よりフランス在住。ニース国立音楽院でジャズ・トランペットを教える。15年以上にわたり、ヨーロッパにおけるジャズやクラシックの主要音楽フェスティバルに、バンドリーダー、サイドマン、アレンジャー、ビッグバンドの指揮者、アンサンブル指揮者等として参加。また、イタリア国内のほか、フランス、ノルウェー、チェコ、トルコ、中国、日本、インドネシア、マレーシアなどで数多くのコンサートツアーを実施。さらに、CMや映画音楽などでRAIと協働。

アレッサンドロ・コッリーナ
ラ・スペツィアの国立音楽院をクラシック・ピアノで卒業。その後、多数の即興演奏会に参加しながら、フランスのニース音楽院でジャズピアノを学ぶ。2006、2007、2008年にポール・ジェフリーのヨーロッパツアーに参加。2009年にはポール・ジェフリー・カルテットのメンバーとして、セロニアス・モンクのトリビュートアルバム『We see』をリリース。また、同年、アルバム『5AM』でアンディ・グラヴィッシュ、マイク・カンパーニャと共演。さらに、ペトルッチャー二兄弟に招聘され、ミシェル・ペトルッチャー二没後10年のツアーに参加し、イタリアの主要フェスティバルで演奏。
2010年からアレ・コッリーナ・トリオとして活動し、フランスやイタリアでファブリツィオ・ボッソと共演。2014年からはトランぺッターのマルコ・ヴェッツォーゾと密なコラボレーションを展開している。

アンドレア・マルケジーニ
イタリア人ドラマー。プログレッシブ・ロック全盛期にパーカッションを独学。1980年代にニューヨークに移住。多くのライブハウスやクラブ、劇場で演奏しながら、ジャズ、フュージョン、ファンクの研鑽を積む。そしてマイク・スターン、ハイラム・ブロックを招いてオリジナルアルバムを製作。その後、イタリアに帰国し、アントニオ・ファラオ、アンドレア・チェレステ、ロレンツォ・ピッコーネ等の著名アーティストと共演するなど精力的に活動。特に、ジョナス・ヘルボーグ、ショーン・レインとのインドツアーや、その後の、ドミニク・ディ・ピアッツァも参加したアヒンサー・カルテットでのインドツアーにより、その名を知らしめることとなる。マルケジーニの2枚目のアルバムもインドからのもので、アレッシオ・メンコーニ、ピッポ・マティーノとのインドツアーを収録したライブアルバムである。

In questo concerto, il duo Vezzoso-Collina invita il percussionista Andrea Marchesini per presentare il loro ultimo album: Italian Spirit. Edito nel novembre 2020, raccoglie alcune delle più belle canzoni della musica italiana, reinterpretate in una raffinata versione strumentale per tromba, pianoforte e percussioni. Da Vasco Rossi a Samuele Bersani passando per Lucio Dalla e i Tiromancino, gli artisti offrono una sapiente rilettura di indimenticabili brani, creando un ponte generazionale tra la musica leggera e il jazz.
Il concerto ha luogo ed è diffuso dal Teatro Casone, gentilmente messo a disposizione dall'amministrazione comunale di Ortovero nell'ambito di una serie di attività intese a promuovere tramite la musica la conoscenza dell’entroterra del Savonese e le eccellenze enogastronomiche dei borghi liguri medievali risalenti al XIII sec.

Interpreti:
Marco Vezzoso (tromba)
Alessandro Collina (pianoforte)
Andrea Marchesini (percussioni)

Marco Vezzoso nasce ad Alba, dove inizia lo studio della tromba classica a 10 anni per diplomarsi al conservatorio di Torino. Da sempre appassionato di jazz ed improvvisazione, frequenta masterclass di grandi maestri come Paolo Fresu, Dave Douglas e Wynton Marsalis. Dal 2012 risiede in Francia dove è professore di tromba jazz e coordinatore di dipartimento presso il conservatorio nazionale di Nizza. Da più di 15 anni si partecipa nei più importanti festival a livello europeo come leader, sideman, arrangiatore, direttore di big band, direttore di ensemble vari, dal jazz e alla musica classica. Ha all’attivo numerose tournée in Francia, Norvegia, Repubblica Ceca, Turchia, Italia e, in Asia, in Cina, Giappone, Indonesia e Malesia. Ha al suo attivo numerose collaborazioni con la RAI per la realizzazione di colonne sonore per la pubblicità e il cinema.

Alessandro Collina consegue il diploma di pianoforte classico presso il conservatorio di La Spezia. Frequenta numerosi stages sull'improvvisazione e si iscrive alla classe di piano jazz al conservatorio di Nizza in Francia. Nel 2006, 2007 e 2008 fa parte del quartetto che accompagna Paul Jeffrey in Europa e registra nel 2009 il cd We see - Monk tribute. Nello stesso anno inizia a collaborare con Andy Gravish e Mike Campagna creando il progetto 5 AM e viene invitato dai fratelli Louis e Philippe Petrucciani a suonare nel decennale della scomparsa di Michel Petrucciani in un tour che fa numerose tappe nei migliori festival italiani. Nel 2010 il trio di Ale Collina inizia una serie di concerti con Fabrizio Bosso in Francia e Italia e dal 2014 collabora intensamente con il trombettista Marco Vezzoso.

Andrea Marchesini è un batterista italiano formatosi da autodidatta nel pieno del Progressive. Negli anni Ottanta si trasferisce a New York per approfondire studi jazz, fusion, funk suonando in numerosi locali e teatri. Incide un CD di originals con Mike Stern e Hiram Bullock, ma torna poi in Italia riprendendo un'intensa attività con nomi importanti come Antonio Faraò, Andrea Celeste, Lorenzo Piccone. È noto anche per le sue esperienze in India in tour con Jonas Hellborg e Shawn Lane e più avanti con il quartetto Ahimsa. Sempre dall'India il suo secondo CD: un live in tour con Alessio Menconi e Pippo Matino.

Altri video

その他のビデオ
2021.3.14 UP
L’Italia dei mille mandolini #3 (Milano)
2021.11.22 UP
ビデオ講演会「アマルフィのコラトゥーラ」
2020.11.29 UP
2021.6.2 UP
Carlo Aonzo e Giampaolo Bandini Recital “L’Età d’Oro del Mandolino fra l’800 e il 900”
ページの先頭へ