イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2021.11.29 UP
ARTIST

Danilo Rea &
Luciano Biondini

ダニーロ・レア & ルチャーノ・ビオンディーニ

Danilo Rea & Luciano Biondini Live

MESSAGGIO

メッセージ
親愛なる熊野市の皆さん
私はダニーロ・レアです。
熊野市とソレント市の姉妹都市提携20周年を祝うこのコンサートで皆さんのために演奏できることを大変光栄に思います。
どうぞお楽しみください。

熊野-ソレント姉妹都市提携20周年記念特別プログラム
Programma speciale per il 20° anniversario del gemellaggio tra Sorrento e Kumano

Presentazione

企画紹介

熊野市(三重県)とソレント市(ナポリ県)は長い歴史と海に面した美しい風景を持つ観光地で、レモン・オレンジなどの柑橘類栽培、木工生産といった産業などの面で共通する点が多いことから、2001年11月29日に姉妹都市盟約が締結され、今年20周年を迎えました。このWEBコンサートは、新型コロナウィルス感染症の拡大で日伊間の往来が難しい中、観光業に大きな打撃を受けたソレント市と熊野市をインターネット上でつなぎ、共にコロナ禍を乗り越え、友情と交流を深めていこうと企画されました。 出演は、長年に渡りイタリアのミュージックシーンの最前線で活躍してきた国際的ピアニストで、ソレントで開催される重要な国際文化祭「ソレント半島国際賞」の映画・音楽部門を統括するダニーロ・レアと、情熱的な演奏で人気の高いアコーディオン奏者のルチャーノ・ビオンディーニです。この実力派アーティストたちが「帰れソレントへ」「カルーソ」などソレント市やナポリ県にゆかりのある曲を中心に名曲の数々をお届けします。

出演:ダニーロ・レア(ピアノ)
    ルチャーノ・ビオンディーニ(アコーディオン)

主催:イタリア文化会館-大阪
協力:熊野市 ソレント市

ダニーロ・レア(ピアノ)
1957年ヴィチェンツァ生まれ。ローマのサンタ・チェチーリア音楽院修了。クラシック音楽、ロック、ポップスに影響を受けるが、とりわけ熱心に取り組んだジャズによって、メロディーと即興が融合する独特のスタイルを極める。1975年、E.ピエトロパオリ、R.ガットとともに「トリオ・ディ・ローマ」を結成し、ジャズピアニストとしてデビューする。1980年代には、G.トンマーゾのクインテットやM.ジャンマルコのグループ「リンゴマニア」に参加。1997年E.ピエトロパオリ、F.スフェッラとともに「ドクター3」を結成し、10年以上にわたりイタリア国内、またヨーロッパ各国、アメリカ、南米、中国などで活躍する。2000年にソロとしての初アルバムLost in Europeをリリース。2作目のLiricoではオペラ作品を即興で弾き、オペラとジャズをミックスした作品を創り上げた。その後もSolo(2006年)、Introverso(2008年)、A Tribute to Fabrizio De Andre(2010年)をリリース。国際的に著名なジャズアーティストと共演するほか、ミーナ、C.バリオーニ、P.ダニエーレ、D.モドゥーニョ、F.マンノイア、R.コッチャンテ、R.ゼロ、G.モランディ、A.チェレンターノなど、イタリアの名だたるアーティストやシンガーソングライターとも共演している。特にミーナからは2001年のアルバム収録に参加を依頼されるなど、現在でも厚い信頼を得ている。また近年では、世界屈指のバッハ弾きと呼ばれるクラシックピアニストのラミン・バーラミとの共演プロジェクト「Bach is in the air」や、イタリア文化財・文化活動省とカンパニア州の後援のもとソレント市で開催される重要な国際文化祭「ソレント半島国際賞」の映画・音楽部門責任者としての活躍でも注目を集める。マルチな活動をするアーティストで、2018年には自叙伝『IL Jazzista imperfetto』(不完全なジャズマン)を発表。同名のラジオ番組シリーズが2020年にイタリア国営放送のRAI Radio1で放送された。

ルチャーノ・ビオンディーニ(アコーディオン)
1971年ウンブリア県スポレート生まれ。アコーディオン奏者。10歳からアコーディオンを学び、多くの全国大会で優勝。スペイン、ドイツ、デンマーク、クロアチア、アンドラ等のヨーロッパ諸国でコンサートに出演。また、様々なテレビ・ラジオ番組や映画祭にも参加したほか、ウンブリア・ジャズ、アンコーナ祭など、多くのジャズフェスに出演。これまでにエンリコ・ラヴァ、トニー・スコット、ガブリエレ・ミラバッシ等と共演。ダイナミクスに富んだ音色、歌心に満ちたフレーズは眩いほどに光り輝いている。Egeaにリーダー作を残しており、日本でも情熱的なプレイにファンが多い。

Il 29 novembre 2021 le città di Sorrento e Kumano celebrano il 20° anniversario del loro gemellaggio. In quest’occasione l’Istituto Italiano di Cultura di Osaka produce questo video-concerto, con la collaborazione della New Age Productions e con il sostegno dei Comuni di Sorrento e Kumano. Danilo Rea, pianista che vanta una fama internazionale e che presiede la Sezione Cinema e Musica del “Premio Internazionale Penisola Sorrentina”, e il famoso fisarmonicista Luciano Biondini offrono una sapiente rilettura di indimenticabili brani tratti dal repertorio della canzone napoletana e della musica da film.
Il progetto nasce dal desiderio di consolidare il patto di amicizia e di collaborazione tra le due città turistiche che hanno subito colpi durissimi a causa dell’epidemia.

INTERPRETI
Danilo Rea (pianoforte)
Luciano Biondini (fisarmonica)

DANILO REA (pianoforte)
Ricercatissimo in ambito pop e jazz, è considerato uno dei migliori pianisti italiani. Inizia a suonare all'età di sei anni. Diplomatosi al conservatorio di Santa Cecilia a Roma, non ha mai abbandonato la sua passione. Pianista di fiducia di Mina, ha collaborato con Claudio Baglioni, Adriano Celentano e negli ultimi anni con Gino Paoli in duo e insieme ai più grandi musicisti jazz della scena italiana. Ha lavorato con numerosi personaggi di spicco del panorama musicale jazz internazionale come Chet Baker, Lee Konitz, Bob Berg, Michael Brecker, Tony Oxley, Dave Liebman, Kenny Wheeler, John Scofield, Joe Lovano, Toots Thielemans, esibendosi in diversi concerti nei maggiori festival jazz italiani e internazionali. La vera passione di Rea è sempre stata la libera improvvisazione, pienamente espressa nel suo primo album in solo, intitolato “Lost in Europe” pubblicato dall’etichetta “Via Veneto Jazz” nell'ottobre del 2000. Il disco, registrato interamente dal vivo, è nato durante un tour di nove concerti nei principali Festival d'Europa, dove mette in luce la sua tecnica sopraffina, intrecciando in totale libertà le emozioni delle melodie della musica "leggera" ispirato dal suo virtuosismo strumentale. Lunghissima la sua attività con i “Doctor3” uno dei gruppi storici del Jazz italiano. Artista a 360 gradi Rea ha scritto il libro autobiografico intitolato “Il Jazzista imperfetto” nel 2018 e con lo stesso titolo ha condotto nel 2020 una serie di trasmissioni radiofoniche sul network nazionale “Rai Radio1”.

LUCIANO BIONDINI (fisarmonica)
Luciano Biondini, nato a Spoleto nel 1971, comincia a suonare la fisarmonica a 10 anni. Dopo aver completato gli studi classici, vincendo moltissimi concorsi nazionali e intemazionali, nel 1994 rivolge la sua attenzione alla musica Jazz. Oltre ad aver partecipato a trasmissioni televisive e radiofoniche, ha tenuto concerti in vari Paesi europei (Spagna, Germania, Danimarca, Croazia, Andorra) ed ha partecipato a numerosi festival: Umbria Jazz Winter, Fano Jazz, Festival dei Due Mondi, Festival Klezmer di Ancona, Metronome e molti altri. Fra le collaborazioni spiccano i nomi di Tony Scott, Enrico Rava, Mike Turk, Ares Tavolazzi, Battista Lena, Gabriele Mirabassi, Roberto Ottaviano, Javier Girotto, Marteen Van der Grinten, Martin Classen, Enzo Pietropaoli, Fabrizio Bosso. Musicista capace di inserirsi in contesti musicali molto eterogenei, nelle sue esibizioni risaltano la grande passionalità ed abilità personale nel creare interplay con i suoi interlocutori. In questo progetto inedito i due artisti si trovano in perfetta sintonia e danno vita ad una straordinaria alchimia musicale di rara intensità che letteralmente rapisce gli ascoltatori.

Altri video

その他のビデオ
2020.6.19 UP
2020.11.29 UP
ビデオ講演会
『ピエモンテ州の食文化について』
2022.3.30 UP
イタリア~多彩なマンドリンの世界~
L’Italia dei mille mandolini #6 (Emila)
2020.6.16 UP
Quando tutti dormono
ページの先頭へ