イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

ALTRI
2021.11.10 UP
ARTIST

Toshiyuki Kita &
Gilda Bojardi

喜多俊之&ジルダ・ボヤルディ

『素敵な暮らしとデザイン』

MESSAGGIO

メッセージ
イタリア人にとって暮らしの質というのは自分の周りにある「モノ」の美しさで決まります。ここで言う美しさとは多様な知の結合体でもあります。デザインは知の一側面です。美しいモノは日常生活を容易くし、より良く暮らす助けになります。(ジルダ・ボヤルディ)

イタリアン・デザイン・デー2021
Italian Design Day 2021 

Presentazione

企画紹介

新型コロナウィルスは人々の暮らしを変え、デサインや家についての考え方、空間をどのように使って暮らしていくかという考えにも変化をもたらしました。持続可能な再出発に向けて、世界的に有名なプロダクトデザイナーの喜多俊之氏と、雑誌「インテルニ」の編集長でフオーリサローネの発案者であるジルダ・ボヤルディ氏という二人の「黄金コンパス賞」受賞者が、素敵な暮らしとデザインをテーマに語ります。

喜多俊之
1942年、大阪生まれ。1969年よりイタリアと日本でデザインの制作活動を始める。イタリアやドイツ、日本のメーカーから家具、家電、ロボット、家庭日用品に至るまでのデザインで、多くのヒット製品を生む。作品の多くがニューヨーク近代美術館、パリのポンピドーセンターなど世界のミュージアムにコレクションされている。シンガポール、タイ、中国など、デザイン活性化の政府顧問をつとめた。また、日本各地の伝統工芸・地場産業の活性化、およびクリエイティブ・プロデユーサーとして多方面で活躍する。国際見本市「Living & Design」ディレクター。暮らしのリノベーション「RENOVETTA プロジェクト」を提唱。近年は、日本だけでなく、ヨーロッパ、アジアなどで、セミナーやワークショップを開く等、教育活動にも力を入れている。大阪芸術大学教授。1990年、スペイン「デルタ・デ・オロ賞(金賞)」受賞。2011年、イタリア「ADI黄金コンパス賞(国際功労賞)」受賞。2016年に、イタリア「第24回ADI黄金コンパス賞」の国際審査員を務める。2017年にイタリア共和国より「イタリア共和国功労勲章コンメンダントーレ」を叙勲。2018年に平成30年度「知財功労賞」において特許庁長官表彰で知財活用企業(意匠)受賞。著書:「デザインの力」、「地場産業+デザイン」、「デザインの探険」などがある。

ジルダ・ボヤルディ
1994年より、モンダドーリ・グループが発行する雑誌Interni(インテルニ)および年1回発行の専門誌(Cucina, Bagno, Contract)、Guida Index、Guide FuoriSalone、KingSize、ミラノサローネ国際家具見本市のニュースプレビューなどインテルニ・システムの全ての出版物の編集長を務める。 イタリア初のインテリア・デザイン雑誌として1954年に創刊されたInterni(インテルニ)は、ホームページ(www.internimagazine.it)とSNS(Twitter、Facebook、Instagram)を利用したマルチメディア・プラットフォームを発展させながら、現在、世界最大のデザインと建築のコミュニケーションネットワークのひとつとなった。ボヤルディは1990年に実験的に始まったフオーリサローネの発案者であり、有名なフオーリサローネ・ガイドによるとミラノ・デザイン・ウィークには500以上のイベントが集まる。
デザインに関する国際展覧会のキュレーター(例:2006年 中国美術館、2011年 中国国家博物館にて文化省とともに2000平方メートルの展示)。弁護士。2005年、フランス文化省より芸術文化勲章オフィシエを受勲。2007年、ミラノ市よりフオーリサローネの発案に対してアンブロージョ金賞を受賞。2014年、衆議院よりイタリアン・タレント・アワードを受賞。2017年3月のメキシコと2018年ならびに2019年3月のマドリッドでの「イタリアン・デザイン・デー」のデザイン大使。2020年9月、第26回黄金コンパス賞の功労賞を受賞。

Il Covid-19 cambia il nostro modo di vivere, quindi cambia anche il modo di pensare al design, alla casa e a come viviamo nei nostri spazi. In questo frangente il design è importante perché gli oggetti sono più vicini a noi.
Per una ripartenza sostenibile, due vincitori del Premio Compasso d’Oro alla carriera, Toshiyuki Kita (product designer giapponese di fama internazionale) e Gilda Bojardi (direttrice della rivista “Interni” e ideatrice di “FuoriSalone”) parlano sul tema del buon vivere e del design.

TOSHIYUKI KITA
Product designer giapponese, che vanta una fama internazionale, è nato a Osaka nel 1942.
Ha conseguito il diploma in Industrial Design e nel 1967 ha aperto un proprio studio nella città natale.
Nel 1969 ha esteso il suo campo creativo dal Giappone all'Italia. È professore di Product Design alla Osaka University of Arts.
Ha creato numerosi prodotti di punta per produttori europei e giapponesi, spaziando dal settore degli arredi ai set TV LCD “AQUOS”, passando per i robot, gli accessori domestici e gli elettrodomestici. Molti dei suoi lavori sono di proprietà del Museum of Modern Art di New York, del Centre Georges Pompidou di Parigi, della Pinakothek der Moderne di Monaco e di altri musei in tutto il mondo.
Ha ideato l’Evento Living & Design, iniziato nel 2008 a Osaka, fiera internazionale dedicata all’interior design e al buon vivere.
Nel 2011 ha ricevuto il Compasso d'Oro alla carriera. Nel 2017 è stato nominato Commendatore dell’Ordine al Merito della Repubblica.

GILDA BOJARDI
Dal 1994 direttore responsabile della rivista “Interni” (Gruppo Mondadori) e di tutte le pubblicazioni del Sistema Interni.
Fondata nel 1954 come prima rivista italiana di interior design, “Interni” è oggi uno dei maggiori network internazionali di comunicazione del design e dell’architettura. “Interni” ha sviluppato anche una piattaforma multimediale che si avvale di un sito web (www.internimagazine.it) e dei social networks. Ha ideato l’Evento “FuoriSalone”, iniziato sperimentalmente nel 1990, la “Design Week” milanese con più di 500 eventi, censita dalla famosa Guida “FuoriSalone”. Curatrice di mostre internazionali dedicate al design, avvocato, dal 2005 è Officier des Arts et des Lettres, onorificenza assegnata dal Ministero della cultura francese. Nel 2007 ha ricevuto l’Ambrogino d’Oro dal Comune di Milano per l’ideazione di “FuoriSalone” e nel 2014 il premio Italian Talent Award dalla Camera dei Deputati di Roma. È stata insignita del Premio Compasso d’Oro alla Carriera nel 2020.

Altri video

その他のビデオ
2020.8.28 UP
Trio per archi in Si bemolle Maggiore op.2 n.2 – Allegro (Giuseppe Maria Cambini)
2021.11.11 UP
オンライン講演会
「ダンテ、イタリア語と大阪」
2020.6.19 UP
2020.12.9 UP
ページの先頭へ