イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2022.5.9 UP
ARTIST

Benedetto Lupo

ベネデット・ルーポ

Benedetto Lupo Piano Recital

MESSAGGIO

メッセージ
今日はファツィオリ・コンサート・ホールから、これまで私のキャリアを導いてくれたブラームスとシューマンの楽曲を演奏します。また、演奏会の最後には私が敬愛するニーノ・ロータ氏の曲もお届けします。私がバーリ音楽院で学んでいた頃、ロータ氏は校長を務めていて、敬意と愛情をもって導いてくださいました。今も感謝していますし、大好きな彼の曲を皆さんと共有できるのを嬉しく思います。

PROFILO

プロフィール

ベネデット・ルーポ

同世代のアーティストの中でも屈指の才能を持つと評されるピアニスト。
1989年、ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで世界中の注目を集め、それをきっかけに、イヴ・アベル、ウラディーミル・ユロフスキ、スタニスラフ・コチャノフスキー、ベルナール・ラバディ、フアンホ・メナ、ケント・ナガノといった有名な指揮者の招待で、フィラデルフィア管弦楽団、ボストン交響楽団、シカゴ交響楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニック、ボルティモア交響楽団、モントリオール交響楽団、シアトル交響楽団、バンクーバー交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、ハレ管弦楽団、ベルリン・ドイツ交響楽団、スペイン国立管弦楽団、モンテカルロ・フィルハーモニー管弦楽団、リエージュ王立フィルハーモニー管弦楽団、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、トゥールーズ・キャピトル国立管弦楽団等の欧米の主要オーケストラと共演。
精力的に演奏活動を展開し、リンカーン・センター(ニューヨーク)、サル・プレイエル(パリ)、ウィグモア・ホール(ロンドン)、ベルリン・フィルハーモニー(ベルリン)、パレス・オブ・ファインアーツ(ブリュッセル)等の世界の主要ホールや、タングルウッド音楽祭、イスタンブール国際音楽祭、エネスク国際フェスティバル(ブカレスト)、チボリ・フェスティバル(コペンハーゲン)等の国際フェスティバルにも定期的に出演している。
2018-19シーズンのハイライトの中では、RTVE交響楽団(マドリッド)との初舞台や、マントヴァ室内管弦楽団とのコンサートツアーでサリエリ、モーツァルト、ベートーヴェンを演奏したこと、ラヴェルの「左手のためのピアノ協奏曲」を演奏し大喝采を浴びたロンドン・フィルハーモニー管弦楽団とのコンサート、ドビュッシーの100周忌にワシントンのナショナルギャラリーで開催された演奏会をはじめ、イタリア国内外で開催されたドビュッシーに捧げるモノグラフィックリサイタルが記憶に残る。カナダのル・デヴォワール紙は「ベネデット・ルーポのドビュッシー・リサイタルは、官能的で絶対的に卓越したサウンドの音楽体験」、ワシントンポストは「ルーポの解釈・演奏は、予測可能性や単調なルーティンから解き放たれた完全に個人的なものであり、瞑想的で新鮮だ。演奏会全体を通して、聴衆は、音楽を演奏するための最良の方法が供えられた恍惚の沈黙の中で彼の演奏を聴いた」と報じた。
さらに、2019年、ルーポは、ミラノ・カルテット・ソサエティや、スタニスラフ・コチャノフスキーが指揮するサンタ・チェチーリア国立アカデミー管弦楽団に戻った。
欧米の多数のラジオ、テレビの収録に加え、TELDEC、BMG、VAI、NUOVA ERAレーベルで多数のCDをレコーディングし、また、ARTSレーベルからシューマンのピアノ協奏曲をリリースしている。2005年にはHarmonia Mundiからニーノ・ロータの「Concerto Soirée」(夕べの協奏曲)の新録音をリリースし、「ディアパゾン・ドール」をはじめ国際的な賞を多数受賞した。
ベネデット・ルーポは、南イタリアのバーリ市に生まれ、同市でミケーレ・マルヴッリ、ピエルルイジ・カミーチャのもと音楽の勉強を始める。その後、マリサ・ソンマ、セルジョ・ペルティカローリ、アルド・チッコリーニに師事し、カルロ・ゼッキ、ニキタ・マガロフ、ホルヘ・ボレット、マレイ・ペライアのマスタークラスに参加。13歳でベートーヴェンのピアノ協奏曲第1番でデビューした後、「コルトー」、「ロベール・カサドシュ」、「ジーナ・バッカウアー」を含む数多くの国際コンクール、そして、1992年のテレンス・ジャッド賞(ロンドン)で認められた。
ベネデット・ルーポは幅広いレパートリーを持つピアニストで、室内音楽と教育活動にも精力的に取り組んでいる。重要な国際機関でマスタークラスを開催するほか、有名な国際ピアノコンクールの審査員として招聘されている。また、2013/2014年度からサンタ・チェチーリア国立アカデミアの研修コースで教鞭を執り、2015年12月より主任講師をつとめる。

Benedetto Lupo

Considerato dalla critica internazionale come uno dei talenti più interessanti e completi della sua generazione, Benedetto Lupo si è imposto all’attenzione del mondo musicale con l’affermazione nel 1989, primo italiano, al prestigioso Concorso Internazionale Van Cliburn. Da qui la collaborazione con le più importanti orchestre americane ed europee quali la Philadelphia Orchestra, la Boston Symphony, la Chicago Symphony, la Los Angeles Philharmonic, la Baltimore Symphony, l’Orchestre Symphonique de Montréal, la Seattle Symphony, la Vancouver Symphony, la London Philharmonic, la Gewandhaus Orchester di Lipsia, la Rotterdam Philharmonic, l’Hallé Orchestra, la Deutsches Symphonie-Orchester di Berlino, l’Orquesta Nacional de España, l’Orchestre Philharmonique de Monte Carlo, l’Orchestre Philharmonique de Liège, la Bergen Philharmonic, l’Orchestre du Capitole de Toulouse, su invito di direttori quali Yves Abel, Vladimir Jurowski, Stanislav Kochanovsky, Bernard Labadie, Juanjo Mena, Kent Nagano, solo per citarne alcuni.
La sua intensa attività concertistica lo vede ospite regolare delle principali sale da concerto e festival internazionali fra cui il Lincoln Center di New York, la Salle Pleyel di Parigi, la Wigmore Hall di Londra, la Philharmonie di Berlino, il Palais des Beaux Arts di Bruxelles, il Festival di Tanglewood, il Festival Internazionale di Istanbul, il Festival “Enescu” di Bucarest e il Tivoli Festival di Copenaghen.
Tra i momenti salienti della stagione 2018-19 ricordiamo il debutto con l’Orchestra Nazionale della RTVE di Madrid, la tournée con l’Orchestra da Camera di Mantova nei concerti di Salieri, Mozart e Beethoven; l’acclamato ritorno con la London Philharmonic nel Concerto per la mano sinistra di Ravel, e i recital monografici dedicati a Debussy, in Italia e all’estero, fra cui alla National Gallery di Washington nel giorno del centenario della morte del compositore (“il recital Debussy di Benedetto Lupo è stato un’esperienza musicale, sensuale e sonora assolutamente eccezionale” Le Devoir - “le interpretazioni di Lupo, libere da qualsiasi prevedibilità e routine, sono interamente personali, meditate e fresche. Durante l’intero concerto, il pubblico lo ha ascoltato in quel rapito silenzio, riservato al miglior modo di far musica” Washington Post).
Nel 2019 è tornato, fra l’altro, alla Società del Quartetto di Milano e con l’Orchestra Nazionale dell’Accademia di S. Cecilia diretta da Stanislav Kochanovsky.
Oltre alle registrazioni per numerose radiotelevisioni europee e statunitensi, Benedetto Lupo ha inciso per TELDEC, BMG, VAI, NUOVA ERA, nonché l’integrale delle composizioni per pianoforte e orchestra di Schumann per la ARTS. Nel 2005 è uscita una nuova incisione del Concerto Soirée di Nino Rota per Harmonia Mundi che ha ottenuto numerosi premi internazionali, tra i quali il “Diapason d’Or”. Nato a Bari, Benedetto Lupo ha iniziato gli studi musicali nella sua città, sotto la guida di Michele Marvulli e Pierluigi Camicia, perfezionandosi successivamente con Marisa Somma, Sergio Perticaroli, Aldo Ciccolini e frequentato le masterclass di Carlo Zecchi, Nikita Magaloff, Jorge Bolet e Murray Perahia. Dopo il debutto a tredici anni con il Primo Concerto di Beethoven, si è anche affermato in numerosi concorsi internazionali, tra i quali il "Cortot", "Robert Casadesus”, "Gina Bachauer" e nel 1992 con il Premio "Terence Judd" a Londra. Pianista dal vasto repertorio, Benedetto Lupo ha al suo attivo anche un’importante attività cameristica e didattica; tiene master class presso importanti istituzioni internazionali, è spesso invitato nelle giurie di prestigiosi concorsi pianistici internazionali e, dall’anno accademico 2013/2014, è titolare della cattedra di pianoforte nell’ambito dei corsi di perfezionamento dell’Accademia Nazionale di Santa Cecilia di Roma, istituzione della quale, dal dicembre 2015, è Accademico effettivo.

Altri video

その他のビデオ
2021.11.22 UP
ビデオ講演会「アマルフィのコラトゥーラ」
2021.5.1 UP
Tangos de Pepico
Sambati
2021.11.22 UP
子羊肉ラグーソースのキタッラ 
アブルッツォ風
ページの先頭へ