イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

ALTRI
2022.10.11 UP
ARTIST

Luca Galileo Ciuffoletti

ルカ・チュッフォレッティ

イタリア現代アートの日

MESSAGGIO

メッセージ
ルカ・チュッフォレッティです。
私はヴァイオリニストであり、画家でもあります。
数年前に始めた視覚芸術は、私にとって、
芸術活動や芸術言語として
音楽に加えて とても重要です。

イタリア現代アートの日 2022
Giornata del Contemporaneo 2022

Presentazione

企画紹介

2022年イタリア現代アートの日を記念して、画家兼ヴァイオリニストのルカ・チュッフォレッティが自身の作品を紹介します。

ルカ・チュッフォレッティ

バイオリ二スト/作曲家
1985年~ナポリ・サンピエトロマジェラ国立音楽院バイオリン専攻・首席卒業。
ローマ・サンタチェチリア国立音楽院バイオリン専攻・首席修了。
シエナ・キジアーナ国立音楽院アカデミー・マスタークラス・首席修了。
イタリア国営放送RAIオーケストラ、ローマサンタチェチリア交響楽団はじめ、プロとしての活動がイタリアで始まる。その後、国際的なコンサート、海外オーケストラで活動をおこない、いずれもそのトップ(主席)を務める。
2016年~音楽と視覚芸術(絵画)を結びつける新しい芸術的表現の探求の始まりとなる転換点を迎える。
バイオリ二スト、作曲家、作家、哲学者として、イタリア語、英語、フランス語、スペイン語、日本語で、バイオリンテクニカル分析、詩や哲学書を執筆。視覚芸術作品に関連する学位論文を発表。

視覚芸術への移行
芸術家の息子---
有名な彫刻家で画家の父 、画家の母の元に生まれた、ルカ・チュッフォレッティは、35年以上バイオリニストとしてコンサート活動を行うが、また幼少期から絵を描くことに情熱を傾けていた。
2016年~コンサート活動と並行しつつ視覚芸術の探究が始まり、音楽と絵画 の2つの分野の出会いの場所を探求した。
ルカ・チュッフォレッティの最初の作品に強い影響と刺激を与えたのは、彼の父・ジャンカルロの作品と、ポール・クレー と ヴァシリー・カンディンスキーの作品であった。
またJ.S.バッハの音楽は、常に彼の研究の中心に存在し、彼の中にある音楽と視覚芸術(絵画等)を結びつけ、独自性と表現力を確立した作品を生み出した。
ルカ・チュッフォレッティの芸術作品の中には、特にJ.S.バッハの音楽から影響を受けた数多くの作品が見られる。
また、アーティストにとって別の大切なテーマ 「自然」 そして 「 Spleen 〈 憧憬・幽玄 〉」(フランス詩人・シャルル・ボードレールによる) の影響も強く受けており、これらを中心に展開する作品も数多い。
彼の作品には、非常に多くの読書レベルと、彼自身が個々の作品に伴う長い学位論文で明らかにした、哲学的および形而上学的な深い意味合いがこめられている。

In occasione della XVIII edizione della Giornata del Contemporaneo 2022, promossa da AMACI – Associazione dei Musei d’Arte Contemporanea Italiani con il sostegno del Ministero della Cultura, e il Ministero degli Affari Esteri e della Cooperazione Internazionale,Il Maestro Luca Ciuffoletti, violinista e pittore, presenta le sue opere in questo video.

Luca Galileo Ciuffoletti

Violinista/Compositore
L`attività violinistica ha inizio una trentina di anni fa con il conseguimento, nel 1985, del diploma di violino presso il Conservatorio di Musica “S. Pietro a Majella” di Napoli. Seguono corsi di perfezionamento violinistico all’Accademia Nazionale di Santa Cecilia di Roma e all’Accademia musicale “Chigiana” di Siena. Sono questi gli anni nei quali l`attività concertistica vera e propria ha inizio, prima in Italia e poi all’estero con istituzioni concertistiche e sinfoniche internazionali. Nel 2016 la svolta decisiva con l’inizio della ricerca di un nuovo linguaggio artistico capace di unire la musica alle arti visive. Compositore, scrittore, filosofo è autore di varie pubblicazioni in italiano, inglese e giapponese: poesie, scritti filosofici, analisi tecniche violinistiche, dissertazioni legate alle sue opere di arte visiva.

Il passaggio alle arti visive
Figlio d’arte – la madre pittrice affermata, il padre scultore e professore d’arte visiva – è stato violinista concertista per un trentennio ma con la passione per il disegno sin da giovane età. Nell’anno 2016, al fianco dell’attività concertistica, inizia l’esplorazione delle arti visive ricercando un possibile punto d’incontro tra le due discipline. l lavori del papà Giancarlo ma anche di Paul Klee e Wassily Kandinsky esercitano subito un forte stimolo influenzando fortemente le prime opere. Una ricerca ossessiva di traslazione tra suono e immagine con al centro la figura di J.S. Bach ha dato origine a lavori che si sono imposti subito per unicità e forza espressiva. La produzione artistica di Luca Galileo comprende numerose opere legate alla musica ed in particolare alla figura di Bach ma comprende anche opere che evolvono attorno ad altri temi cari all’artista come la Natura e lo Spleen. Moltissimi, poi, i livelli di lettura e le implicazioni filosofiche e metafisiche che egli stesso espone in lunghe dissertazioni che accompagnano i singoli lavori.

Altri video

その他のビデオ
2020.11.29 UP
2020.7.7 UP
Concerto del Primo maggio 2017 a Roma
2020.7.14 UP
Allemande Suite in Mi minore (BuxWV 237) / Dietrich Buxtehude
2021.11.8 UP
ページの先頭へ