イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2023.1.10 UP
ARTIST

Claudia Lamanna

クラウディア・ラマンナ

Recital

MESSAGGIO

メッセージ
日本の皆さん、はじめまして。このコンサートでは、18世紀から現代までの楽曲を演奏します。どうぞお楽しみください。

Presentazione

企画紹介

イタリア文化会館-大阪は、クラシック・ハープ界に輝く新星:クラウディア・ラマンナのパフォーマンスを日本で初めて紹介することを光栄に思います。
2022年3月にラマンナは若干26歳で権威あるイスラエル国際ハープコンテストで優勝しました。ラマンナは、その優れた技巧と天性の洗練された音楽的感性で故郷のプーリアから世界に進出し、今日のクラシック音楽界において最もアイコニックな存在の若手アーティストの一人となりました。
今回、当館はCIDIM(イタリア国立音楽委員会)の協力のもとラマンナの独占コンサートを制作し、イベント特設プラットフォームIIC Osaka Eventi Online (https://eventionline.net/)上で公開することにいたしました。コンサートはサン・マルティーノ・アル・タリアメント村にある中世の礼拝堂:サンティ・フィリッポ・エ・ジャコモ教会で収録されました。教会内部にはピエトロ・ダ・サンヴィートの有名なフレスコ画群(1515)による魅惑的な空間があり、フリウリ絵画特有の新鮮で活き活きとした表現を見ることが出来ます。

クラウディア・ラマンナ
2022年にイスラエルで開催された権威ある第21回国際ハープコンテストの優勝者。
ハープ奏者、クラウディア・ルチア・ラマンナは、新世代に活躍するソリストの一人である。
彼女の持つ「振動するエネルギー」(Harp Columnより引用)、「巧みな表現力」と「確固たる個性」(La Voce di Mantovaより引用)が「天性の技巧」(La Gazzetta del Mezzogiornoより引用)と結びつき、音楽家としての彼女を一層輝かせている。
入賞したコンクールの数は30以上にのぼり、ロンドン・カマック・ハープ・コンペティション2019で優勝したほか、トリノで開催した第11回イタリア芸術賞においても「クラウディオ・アバド賞2015」を受賞している。
ソリストとしての実力から、既に数多くの権威あるホールで演奏を披露しており、その例としてパリのサル・コロンヌ、オスロ・オペラハウス、ニューヨークのマーキン・コンサート・ホール、ローマのサーラ・バルディーニ、ボローニャのテアトロ・ドゥーゼ、ノルショーピング・シティホール、バンコク・アート&カルチャー・センター、ロンドンのアンジェラ・バージェス・リサイタル・ホール、バーリのテアトロ・ペトゥルッツェッリが挙げられる。
また、クラシック・アンティーブ、ワールド・ハープ・コングレス、プラット国際ハープフェスティバル、ノースロンドンフェスティバル、ハープ・オン・ウエイト国際フェスティバル、プロムス・セント・ジュード・フェスティバル、タイ国際ハープフェスティバル、ウェールズ国際ハープフェスティバル、アンスニー国際ハープフェスティバルなどといった様々なフェスティバルに招待され、パフォーマンスを行っている。ソリスト、オーケストラ楽団員としては、国立カンヌ管弦楽団、エルサレム交響楽団、バーリのメトロポリタン交響楽団など多くのオーケストラに登場した。
2020年、デビューアルバムをスコットランドのレコード・レーベル「リン・レコーズ」より発表。ハープ変奏曲をライトモティーフにしたリサイタル音源を収録しており、現在、全ての音楽配信サイトで聴くことが出来る。同年、フェリックス・マキシモ・ロペスの『スペイン風ファンダンゴによる変奏曲』のハープ用楽譜を出版。ハープ奏者のレパートリーに加わる、まったく新しい楽譜となった。
モノポリのニーノ・ロータ音楽院の第2レベルを最高成績かつ特別名誉賞を獲得して修了。その後、オスロのノルウェー国立音楽大学とロンドンの王立音楽院を修了する。ノルウェー国立音楽大学ではアーティスト・ディプロマを取得、王立音楽院ではパフォーマンス科のアドヴァンス・ディプロマに加え、権威あるビセンタリー・スカラーシップ・プログラムにハープ奏者として唯一参加した。
最後はザルツブルクのモーツァルテウム大学にて学業を終える。
2017~2019年にはミラノ・スカラ座アカデミー・オーケストラのハープ奏者を務めた。

L’Istituto Italiano di Cultura di Osaka è onorato di presentare in prima assoluta in Giappone una performance della giovanissima artista italiana Claudia Lamanna, una delle stelle nel firmamento mondiale dell’arpa classica.
Vincitrice ad appena 26 anni, nel marzo del 2022, del più prestigioso (e antico) Premio di Arpa ottenuto nell’Israel International Harp Contest, la Lamanna porta dalla natìa Puglia nel mondo il suo virtuosismo e la sua naturale e squisita sensibilità musicale, con risultati di assoluto valore, che ne fanno uno dei nuovi artisti più iconici nel panorama della musica classica italiana di oggi.
L’Istituto presenta nella sua piattaforma dedicata IIC Osaka Eventi Online (https://eventionline.net/) un concerto appositamente prodotto in collaborazione con il CIDIM (Comitato Nazionale Italiano Musica), registrato nell’oratorio medievale dei Santi Filippo e Giacomo a San Martino al Tagliamento, nella suggestiva cornice del famoso ciclo di affreschi di Pietro da San Vito (1515), testimonianza peculiare della freschezza e vivacità narrativa della pittura friulana.

Claudia Lamanna
Vincitrice del Primo Premio al prestigioso 21st International Harp Contest in Israel nel 2022, l’arpista Claudia Lucia Lamanna è una solista tra le più entusiasmanti della nuova generazione.
La sua “vibrante energia” (Harp Column), “maturità interpretativa” e “solida personalità” (La Voce di Mantova), unite al suo “virtuosismo naturale” (La Gazzetta del Mezzogiorno), fanno di lei una musicista brillante.
Tra le oltre 30 competizioni vinte, è inoltre vincitrice di Primo Premio al London Camac Harp Competition 2019 e al Premio Claudio Abbado 2015 – XI Edizione del Premio Nazionale delle Arti, tenutosi a Torino.
In qualità di solista, Claudia ha già calcato le scene di numerose sale prestigiose, tra cui Salle Colonne di Parigi, Oslo Opera House, Merkin Concert Hall di New York, Sala Baldini di Roma, Teatro Duse di Bologna, Norrköping Concert Hall, Art and Culture Hall di Bangkok, Angela Burgess Recital Hall di Londra, Teatro Petruzzelli di Bari, ed è stata invitata a esibirsi in vari Festivals, quali Classic’Antibes, World Harp Congress, Pratté International Harp Festival, North London Festival, Harp on Wight International Festival, Proms at St Jude’s Festival, Thailand International Harp Festival, Wales International Harp Festival, Ancenis International Harp Festival e altri ancora. Come solista e orchestra, ha suonato con l’Orchestre National de Cannes, la Jerusalem Symphony Orchestra, l’Orchestra Sinfonica Metropolitana di Bari e molte altre.
Nel 2020, Claudia Lamanna ha rilasciato il suo album di debutto con l’etichetta discografica Linn Records, incidendo un recital per arpa interamente basato sul leitmotiv della variazione, ed è ora disponibile su tutte le piattaforme digitali. Nello stesso anno, ha pubblicato la trascrizione per arpa delle Variaciones del Fandango español di Félix Máximo López, che rappresenta un’aggiunta totalmente nuova al repertorio arpistico.
Dopo la Laurea di Secondo Livello con Lode e Menzione d’Onore presso il Conservatorio di Musica “Nino Rota” di Monopoli, si è ulteriormente perfezionata presso la Norwegian Academy of Music di Oslo, dove ha conseguito l’Artist Diploma, e alla Royal Academy of Music di Londra, dove ha ottenuto l’Advanced Diploma in Performance e dove è stata l’unica arpista ad essere entrata a far parte del prestigioso programma Bicentenary Scholarship.
Ha infine ultimato la sua formazione presso l’Università Mozarteum di Salisburgo. Claudia è anche stata l’arpista dell’Orchestra dell’Accademia Teatro alla Scala di Milano per il biennio 2017-2019.

Altri video

その他のビデオ
2020.12.9 UP
2022.12.5 UP
生命のサイクル2022
ピエル・パオロ・パゾリーニに捧ぐ
2022.11.15 UP
ヴェローナの食卓の話
2020.8.25 UP
L’Italia dei mille mandolini #2(Torino)
ページの先頭へ