イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2023.9.4 UP

Andrea Griminelli & Accademia di Santa Sofia

アンドレア・グリミネッリ&サンタソフィア・アカデミー

アンドレア・グリミネッリ コンサート
withサンタソフィア・アカデミー

MESSAGGIO

メッセージ
愛する日本の視聴者の皆様にまずはお礼申し上げます。イタリア文化会館-大阪とデサンティス館長にも感謝します。私はフルート奏者のアンドレア・グリミネッリ、一緒に演奏するのはサンタソフィア・アカデミーの皆さんです。今回演奏するのはニーノ・ロータとエンニオ・モリコーネの楽曲です。どうぞお楽しみください。

Presentazione

企画紹介

世界的名声を誇るイタリア人フルート奏者アンドレア・グリミネッリとサンタソフィア・アカデミーによるWEBコンサートです。イタリア北部フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州のウディネにある歴史的建造物ウディネ城の議事堂で演奏、撮影されました。コンサートとともにウディネの美しい風景や建物内部の壁画、天井画の映像もお楽しみください。


出演
アンドレア・グリミネッリ(フルートソリスト)


サンタソフィア・アカデミー
リッカルド・ザムナー(コンサートマスター)
フェデリカ・トランジッロ(バイオリンⅠ)
アリーナ・タスラヴァン(バイオリンⅠ)
ビアンカ・アゴスティーニ(バイオリンⅠ)
アレッシア・アヴァリャーノ(バイオリンⅡ)
エマヌエレ・プロカッチーニ(バイオリンⅡ)
アレッサンドラ・リリャーリ(バイオリンⅡ)
フランチェスコ・ソロンブリーノ(ヴィオラ)
マルティーナ・イヤコ(ヴィオラ)
ミケーレ・キアッペリーノ(チェロ)
アルフレード・ピローネ(チェロ)
ジャンルイジ・ペンニーノ(コントラバス)

アンドレア・グリミネッリ
10歳からフルートを習い始め、伝説的なジャン=ピエル・ランパルやサー・ジェームズ・ゴールウェイらに師事。彼らはアンドレアを「この音楽界の最前線に長く君臨するであろう偉大なフルート奏者だ」と称した。
パリ音楽院でランパルに師事していた頃、イタリアのストレーザとアレッサンドリアの音楽コンクールを制覇。1983年と1984年に名誉あるパリ賞を受賞している。
1984年にルチアーノ・パヴァロッティの招きを受け、ニューヨーク・マディソン・スクエア・ガーデンにおける有名なコンサートで25歳の年に国際デビューを果たす。この共演を機に、パヴァロッティとの長い共演が始まり、1990年、ロンドンのハイド・パークでのコンサート、1993年、ニューヨークのセントラル・パークでの共演、パリのエッフェル塔やモスクワの赤の広場でのコンサートなど、忘れられない思い出が多い。
また、ヨーロッパ、日本、南アメリカ、北米など世界中の重要なコンサートやツアーで演奏している。スカラ座からカーネギー・ホールまで、名誉ある劇場やコンサート会場で演奏し、世界の指揮者たちやオーケストラと共演している。
1991年イタリア共和国の大統領から騎士の称号を授与し、2003年にはイタリア共和国の功労者として勲章を得ている。
また、フルートとオーケストラのために新しく作曲された曲の世界初演を多く手がけている。たとえば、カルロ・ボッカドーロ、ファブリッツィオ・フェスタ、エンニオ・モリコーネ、三枝成章らの作曲家が含まれる。さらに、現在は国際的なポップ・アーティストであるエルトン・ジョン、ジェームズ・テーラー、ステイング、ブランフォード・マルサリス、ジェスロ・タルの伝説的なリーダー イアン・アンダーソンらとコラボレーションをしている。
CD制作にも積極的に取り組んでおり、デッカ・レーベルより数多くのCDをリリースしている。
最近では、世界各地のオーケストラと共演するほか、イタリアのギター奏者エマヌエーレ・セグレとのデュオ、イタリア合奏団やクレモナ・カルテットとの共演、リサイタルなどを活発に展開し、クラシック・アーティストとしての地位を確立している。2008年には、パバロッティ・トリビューン・コンサートの数少ないゲストに選ばれた。一方、友人であるアンドレア・ボッチェリの世界ツアーにも参加、多彩な面も披露している。

Vi presentiamo il concerto di Andrea Griminelli, flautista italiano di fama mondiale, e l’orchestra dell’Accademia di Santa Sofia, registrato al Salone del Parlamento nel Castello di Udine. Godetevelo vedendo i panorami di Udine e gli affreschi della sala.


Interpreti:
Andrea Griminelli – Flauto Solista


Accademia di Santa Sofia
Riccardo Zamuner – Concert Master
Federica Tranzillo – Violino I
Alina Taslavan – Violino I
Bianca Agostini – Violino I
Alessia Avagliano – Violino II
Emanuele Procaccini – Violino II
Alessandra Rigliari – Violino II
Francesco Solombrino – Viola
Martina Iacò -Viola
Michele Chiapperino – Violoncello
Alfredo Pirone – Violoncello
Gianluigi Pennino – Contrabbasso

Andrea Griminelli
Accostatosi al flauto all’età di dieci anni, studia con i leggendari Jean-Pierre Rampal e Sir James Galway, che lo definisce “il più grande flautista salito alla ribalta della scena musicale da tanti anni”. Durante gli studi con J. P. Rampal al Conservatorio di Parigi vince i concorsi di Stresa ed Alessandria. Nel 1983 e nel 1984 ottiene il prestigioso Prix de Paris.
Il suo debutto a livello internazionale avviene nel 1984 all’età di venticinque anni quando é presentato al pubblico d’oltreoceano da Luciano Pavarotti nel memorabile concerto al Madison Square Gardens di New York e assieme al quale intraprende una intensa collaborazione negli anni successivi tra cui si ricordano gli indimenticabili concerti all’Hyde Park di Londra nel 1990, al Central Park di New York nel 1993, alla Torre Eiffel di Parigi e nella Piazza Rossa di Mosca.
La sua carriera si arricchisce di importanti concerti e tournées in Europa, Giappone, Sud America, Stati Uniti e nel mondo intero; si esibisce nei più prestigiosi teatri e sale da concerto, dal Teatro alla Scala di Milano alla Carnegie Hall di New York al fianco di artisti.
Nel 1991 il Presidente della Repubblica gli conferisce l’onorificenza di Cavaliere mentre nel 2003 quella di Ufficiale al merito della Repubblica Italiana.
Esegue in prima mondiale nuove composizioni per flauto e orchestra appositamente scritte per il suo strumento da compositori tra cui Carlo Boccadoro, Fabrizio Festa, Ennio Morricone, Shigeaki Saegusa.
La sua attività artistica si arricchisce inoltre di collaborazioni con Luciano Pavarotti, Elton John, James Taylor, Bradford Marsalis e il leggendario Ian Anderson leader dei Jethro Tull.
La discografia comprende i concerti per flauto di Vivaldi e Mercadante (Decca) con la English Chamber Orchestra diretta da J. P. Rampal..
Si esibisce regolarmente in tour sia in recital per flauto e pianoforte sia come solista con orchestra nelle principali città dell’India, Sud America, Stati Uniti, Italia, Europa, Sud-Est Asiatico e Giappone.

Altri video

その他のビデオ
2023.10.20 UP
持続可能なイタリア語教育のために
2024.7.12 UP
Sublimation
サブリメーション – 昇華 –
2023.10.18 UP
カルヴィーノの風景
自然の詩学と«見えない都市»
- 生誕100周年に寄せて
2023.10.16 UP
マンゾーニとアルノ川での洗濯
『婚約者』の言語
2023.10.17 UP
Teatro Comunale di Bologna:
la storia e i retroscena
ボローニャ歌劇場:歴史と舞台裏
ページの先頭へ