イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

MUSICA
2023.10.17 UP

Fulvio Macciardi

フルヴィオ・マッチャルディ

Teatro Comunale di Bologna:
la storia e i retroscena
ボローニャ歌劇場:歴史と舞台裏

MESSAGGIO

メッセージ
美しいボローニャ歌劇場へようこそ。
ボローニャ歌劇場は有名な建築家ガッリ・ダ・ビビエーナによって造られました。1763 年 5 月 14 日、この市立劇場はグルックの『クレリアの勝利』の初演で一般公開されました。ホールは現在まで破壊や損傷を免れてきており、建設当時の姿を今も目にすることができます。
ボローニャ歌劇場は、常に私たちの心の中にあり、ボローニャの街の要として、いつまでも存在し続ける大切なものなのです。

特別企画「ようこそ関西へ、ボローニャ歌劇場!」
Programma speciale: “Benvenuto nel Kansai, Teatro Comunale di Bologna!”
 

Presentazione

企画紹介

2023年11月、イタリア屈指の名門歌劇場:ボローニャ歌劇場が来日、イタリアオペラの名作:ジャコモ・プッチーニの「トスカ」とヴィンチェンツォ・ベッリーニの「ノルマ」を上演します。
イタリア文化会館-大阪は、ボローニャ歌劇場の日本ツアー、特に関西での2公演を支援しています。関西での一つ目の公演は11月11日にびわ湖ホールで開催の「ノルマ」大津公演、二つ目が11月12日にフェスティバルホールで開催される「トスカ」大阪公演です。
この機会に、ボローニャ歌劇場のフルヴィオ・マッチャルディ総裁が、ボローニャ歌劇場の歴史と舞台裏を紹介します。

ボローニャ歌劇場
1745年の火災により、当時ボローニャにあった純木造建築のマルヴェッツィ劇場が破壊され、ボローニャ歌劇場の歴史が始まった。火災後にボローニャ市は、劇場建築家および舞台美術家の一族として有名なビビエーナ家のアントニオ・ガッリ・ビビエーナに、当時のバロック様式で石造りの新歌劇場の建設を依頼した。そして、1763年5月14日、ボローニャ歌劇場はグルックの『クレリアの勝利』の初演で一般公開された。
その時代の資料によると、当時の市の総人口70,000人のうち1,500人がオープニングイベントに参加した。 以来、ボローニャ歌劇場は、その公演のクオリティーの高さと世界中からやって来るアーティストたちの名声により有名になった。ボローニャの音楽文化はよく知られている。モーツァルトをはじめ多数の作曲家が
ボローニャのアカデミア・フィラルモニカで学んだ。ロッシーニは長年、ボローニャに住み、自身の作品がボローニャ歌劇場で上演されるのを見た。ヴェルディは近郊のブッセートとサンターガタ・ボロネーゼで働いた。1867年、ヴェルディ作の「ドン・カルロ」は、パリでの初演の数か月後にボローニャ歌劇場でイタリア初上演された。ボローニャの街とボローニャ歌劇場は外国作品と外国人アーティストにも門戸を開いていた。ボローニャ歌劇場は、ワーグナーの「ローエングリン」「タンホイザー」「さまよえるオランダ人」「トリスタンとイゾルデ」「パルジファル」をドイツ以外で初めて上演した劇場で、そのお陰でボローニャは「ワーグナーの街」という名声を獲得した。
「ローエングリン」のイタリア初演時、ヴェルディはライバル(ワーグナー)の楽譜を手にボックス席にいた。ボローニャ歌劇場の舞台に登場した偉大な指揮者には、アンジェロ・マリアーニ、アルトゥーロ・トスカニーニ、ヴィルヘルム・フルトヴェングラー、ヘルベルト・フォン・カラヤン、ジャナンドレア・ガヴァッツェーニ、セルジュ・チェリビダッケ、ゲオルク・ショルティ、ウラジミール・デルマン、そして、より最近では、リッカルド・ムーティ、クラウディオ・アバド、リッカルド・シャイー、クリスティアン・ティーレマン、ジュゼッペ・シノーポリ、ダニエレ・ガッティ、ウラディーミル・ミハイロヴィチ・ユロフスキなどがいる。19世紀の歴史に残る偉大な歌手たちは皆、ボローニャ歌劇場に出演した。20世紀には、エベ・スティニャーニ、ティート・スキーパ、ベニャミーノ・ジーリ、ジュゼッペ・ディ・ステファーノ、ボリス・クリストフ、レナータ・テバルディ、マリオ・デル・モナコが、より新しいところでは、ルチアーノ・パヴァロッティ、ミレッラ・フレーニ、レナート・ブルゾン、マリリン・ホーン、クリスタ・ルートヴィヒ、マリアン・アンダーソンなどがボローニャ歌劇場に出演。今日も、ボローニャ歌劇場はその素晴らしい伝統を継承している。

Nel mese di novembre 2023 il Teatro Comunale di Bologna, uno dei più prestigiosi teatri italiani, viene in Giappone e porta in scena due capolavori dell’opera italiana: Tosca di Giacomo Puccini e Norma di Vincenzo Bellini.
L’Istituto Italiano di Cultura di Osaka sostiene la tournèe, in particolare i due spettacoli che si svolgono nel Kansai. La prima tappa nel Kansai è Norma l’11 novembre presso la Biwako Hall di Otsu, la seconda Tosca il 12 novembre presso la Festival Hall di Osaka.
In quest’occasione il Maestro Fulvio Macciardi, Sovrintendente del Teatro Comunale di Bologna, presenta la storia e i retroscena del suo Teatro.

Teatro Comunale di Bologna
Il fuoco che nel 1745 distrusse l’allora Teatro Malvezzi di Bologna, tutto in legno, dà inizio alla storia del teatro d’opera bolognese. Dopo l’incendio la città commissionò ad Antonio Galli Bibiena, membro della famosa famiglia di architetti teatrali e di scenografi, la costruzione di un nuovo teatro d’opera in pietra nello stile barocco del periodo. Il 14 maggio 1763 il Teatro Comunale aprì le sue porte al pubblico con la prima esecuzione de Il trionfo di Clelia di Gluck.
Documenti dell’epoca riportano che 1500 persone parteciparono all’evento inaugurale, sul totale di una popolazione che a quel tempo era di 70.000 abitanti. Da allora il Comunale è diventato famoso per l’alto livello qualitativo dei suoi spettacoli e per la fama degli artisti che arrivano da tutto il mondo. La cultura musicale di Bologna è ben nota: molti compositori, Mozart incluso, hanno studiato all’Accademia Musicale di Bologna; Rossini visse in città per anni e vide le sue opere messe in scena al Comunale; Verdi lavorava nella vicina Busseto e a Sant’Agata. Nel 1867 la prima rappresentazione italiana del Don Carlo ebbe luogo sul palcoscenico del Bibiena a pochi mesi di distanza dalla “prima” parigina. Ma la città e il teatro furono anche aperti all’arrivo di produzioni ed artisti non italiani. Poiché fu il primo teatro a mettere in scena le wagneriane Lohengrin, Tannhauser, Der fliegende Holländer, Tristan und Isolde e Parsifal, il Teatro Comunale acquisì per Bologna la fama di città “wagneriana”.
Durante la prima esecuzione italiana del Lohengrin, Verdi era seduto in un palco del Teatro, tra le mani la partitura del suo rivale. Tra i grandi direttori apparsi sulla scena bolognese ricordiamo: Mariani, Toscanini, Furtwängler, Von Karajan, Gavazzeni, Celibidache, Solti, Delman e, più recentemente, Muti, Abbado, Chailly, Thielemann, Sinopoli, Gatti e Jurowski. Le grandi voci storiche del XIX secolo sono tutte passate sul palcoscenico del Comunale. Nel XX secolo cantanti quali Stignani, Schipa, Gigli, Di Stefano, Christoff, Tebaldi, Del Monaco e, più recentemente, Pavarotti, Freni, Bruson, Horne, Ludwig, Anderson si sono esibiti in questo teatro. Oggi il Teatro Comunale continua la sua tradizione di eccellenza.

Altri video

その他のビデオ
2023.10.18 UP
カルヴィーノの風景
自然の詩学と«見えない都市»
- 生誕100周年に寄せて
2023.10.20 UP
持続可能なイタリア語教育のために
2023.10.16 UP
マンゾーニとアルノ川での洗濯
『婚約者』の言語
2023.10.17 UP
Teatro Comunale di Bologna:
la storia e i retroscena
ボローニャ歌劇場:歴史と舞台裏
2023.10.12 UP
Saluti dal Teatro Comunale di Bologna
ボローニャ歌劇場からのご挨拶
ページの先頭へ