イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

ALTRI
2023.4.7 UP

Hideyuki Doi/Masakazu Kikuchi
Kosuke Kunishi/Kazufumi Takada

土肥 秀行・菊池 正和・國司 航佑・高田 和文

出版記念対談イタリアの文化と日本

MESSAGGIO

メッセージ
『イタリアの文化と日本』という新しく2023年3月に出ました本を、編者を代表して紹介していきたいと思います。今回の本について、11名の執筆者の中から菊池 正和さん、國司 航佑さん、高田 和文さんの3名に代表してお越し頂き、お話していきます。(土肥秀行)

Presentazione

企画紹介

イタリアの文化と日本
日本におけるイタリア学の歴史
<編>ジョヴァンニ・デサンティス、土肥秀行  <監修>イタリア文化会館-大阪


本書の着想は次の見解にもとづく。明治以降の日本におけるイタリア文化の存在感と影響力について、歴史意識と批評眼をもって迫った概略書はないのではないか、というものである。
 この欠落を埋めるのは、これまで論集や研究誌に発表されてきたような単体の研究では難しいであろう。
 本書は、特定の時代と社会の文脈にむけられた批判的分析のための材料を提供しようと努める。さらには、日本におけるイタリア文化の重要性(土肥氏が言うところの「本質性」)を確認する手段であろうとする。
 本書の出版を記念し、執筆者のうちの4人:土肥秀行(東京大学)、菊池正和(大阪大学大学院)、國司航佑(立命館大学)、高田和文(静岡文化芸術大学)が本書について語る。

目次
序 (ジョヴァンニ・デサンティス)
第1部 文学
第1章 ダンテからルネサンスまで─人文学と翻訳の使命 (原基晶)
第2章 啓蒙主義とロマン派 (霜田洋祐)
第3章 ファシズム期と戦後 (菊池正和)
第4章 女性の言葉による世界 (山﨑彩)
第2部 思想
第5章 中世から初期人文主義まで (星野倫)
第6章 ルネサンスと近世 (フランチェスコ・カンパニョーラ)
第7章 新観念論から現代思想まで (國司航佑)
第3部 芸術
第8章 美術─美術史教育と美術史研究、コレクション、展覧会 (石井元章)
第9章 音楽─イタリア音楽の二つの顔、音の学と楽 (森田学)
第10章 映画─イタリアン・スペクタクルの衝撃 (石田聖子)
第11章 演劇─ピランデッロからフォーまで 近代演劇の革新者たち (高田和文)
イタリア文化の本質性―あとがきにかえて (土肥秀行)

La civiltà Italiana in Giappone
un bilancio storico degli studi italiani in Giappone
a cura di Giovanni Desantis e Hideyuki Doi con la supervisione dell’Istituto Italiano di Cultura di Osaka


Questo libro nasce da una constatazione: mancava ancora nel panorama editoriale giapponese un’opera di sintesi che tracciasse un bilancio storico e critico della presenza e dell’influenza esercitata dalla cultura italiana nel Giappone moderno, dall’epoca Meiji a oggi.
A questo bisogno di sintesi non sopperivano alcune, anche pregevoli, raccolte miscellanee di studi comparse negli ultimi decenni.
Si avvertiva la necessità di colmare una seria lacuna, fornendo al pubblico colto giapponese un’opera di sintesi sulla storia dell’italianistica in Giappone. Non solo in senso meramente istituzionale, quanto piuttosto in termini di ricezione, reinterpretazione e impatto sulla cultura giapponese.
In occasione della sua pubblicazione, ne parlano quattro tra gli autori del libro: Hideyuki Doi (Università di Tokyo), Masakazu Kikuchi (Università di Osaka), Kosuke Kunishi (Università Ritsumeikan) e Kazufumi Takada (emerito Università di Arte e Cultura di Shizuoka).

INDICE
 Prefazione (Giovanni Desantis)
 Parte I Letteratura
  Capitolo 1  Da Dante al Rinascimento: studi umanistici e traduzioni (Motoaki Hara)
  Capitolo 2  Aperture illuministiche e novità romantiche (Yosuke Shimoda)
  Capitolo 3  Le strade della letteratura tra Prino e Secondo Novecento (Masakazu Kikuchi)
  Capitolo 4  Il mondo discritto con le parole donne (Aya Yama)
 Parte II Filosofia
  Capitolo 5  Da San Francesco e Tommaso d’Aquino ai primi umanisti (Hiroshi Hoshino)
  Capitolo 6  Dall’idea di Rinascimento allo storicismo vichiano (Francesco Campagnola)
  Capitolo 7  Dal neoidealismo al pensiero contemporaneo (Kosuke Kunishi)
 Parte III Arte, Musica e Teatro
  Capitolo 8  Insegnamento e studio della storia dell’arte, collezionismo, mostre espositive (Motoaki Ishii)
  Capitolo 9  La musica italiana: musicologia e piacere della musica (Manabu Morita)
  Capitolo 10  L’impatto della spettacolarità cinematografica (Satoko Ishida)
  Capitolo 11  Da Pirandello a Fo: il rinnovamento del teatro italiano
 Postfazione (Hideyuki Doi)

Altri video

その他のビデオ
2023.10.20 UP
持続可能なイタリア語教育のために
2023.10.18 UP
カルヴィーノの風景
自然の詩学と«見えない都市»
- 生誕100周年に寄せて
2023.10.16 UP
マンゾーニとアルノ川での洗濯
『婚約者』の言語
2023.10.17 UP
Teatro Comunale di Bologna:
la storia e i retroscena
ボローニャ歌劇場:歴史と舞台裏
2023.10.12 UP
Saluti dal Teatro Comunale di Bologna
ボローニャ歌劇場からのご挨拶
ページの先頭へ