イタリア文化会館 -大阪
のWEBサイトはこちら

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

IIC OSAKA EVENTI ONLINE

DESIGNARCHITETTURA
2023.8.22 UP

Antonio Citterio / Toshiyuki Kita

アントニオ・チッテリオ 喜多俊之

デザイン 昨日・今日・明日

MESSAGGIO

メッセージ
アントニオ・チッテリオ
持続可能というのが我々の職能領域においても最重要課題となりました。1970年代のデザインは、新しいものと改革の発想が結びついた、いわば探求でした。しかし現代デザインは資源(素材)から出発します。資源の使い方、資源の回収の仕方から出発する探究に、今後ますますなっていくでしょう。

喜多俊之
今後AIなどの新しい技術で社会問題は解決されていくとは思いますが、やはりそこでもデザインの役割はますます重大になるでしょう。人が使いやすい、自然にも優しいというバランスを考えるという態度がとても重要になると思います。時間とともにデザインは変わっていくけれども、大切なことは変わらないのでしょう。

イタリアン・デザイン・デー2023
Italian Design Day 2023
 

Presentazione

企画紹介

イタリアと日本、それぞれを代表する2人のデザインの巨匠(マエストロ)がデザインの現在過去未来について語ります。
1980年代、近代化が進む日本で、古い文化を新しい文化で作り変える動きが起こっていた時に、外国人として外から日本の文化をみつめ、その伝統を残しながら新しい文化との融合を目指したアントニオ・チッテリオ氏。
まだデザインが市場として確立されていなかった50年前、有機的な形と色彩を持つWinkチェアーを発表しデザイン市場に大きな改革をもたらし1つの時代を築き上げた喜多俊之氏。
50年来の友人である両者は、その長いデザイナー人生を過去の経験から未来の構想に至るまで、社会的背景を交えながら多面的に考察していきます。

プロフィール
アントニオ・チッテリオ
1950年メーダ(ミラノ)生まれ。ミラノ工科大学を建築学で卒業後、1972年に自身のスタジオを設立し、アルクリネア、B&B Italia、ボッフィ、ブリオンベガ、フレックスフォーム、フロス、インダ、カルテル、ティッセタンタ、Valli & Valli、ヴィトラなど様々な企業との協働を開始。
1987年からテリー・ドーンとともにヨーロッパと日本でさまざまな建築物を手がける。同年には、B&B Italiaのソファ「シティ」がコンパッソ・ドーロ賞を受賞。
1993年から1995年ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アート、家具デザインコース審査委員会の非常勤メンバーを務めた。
1994年にはカルテルの収納家具「モービル」がコンパッソ・ドーロ賞を受賞。
ミラノのドムスアカデミーと、ローマ・ラ・サピエンツァ大学で教鞭を執り、1999年にla Antonio Citterio & Partnersを設立。
彼の作品はニューヨークのMOMAのコレクションとして常設されている。
ミラノ在住。

喜多俊之
世界的に有名で、多方面で活躍する、最も優れた日本人プロダクト・デザイナーの一人。大手企業グループと長年に渡りコラボレーションしている。
1942年、大阪生まれ。1967年に大阪でデザイン事務所を開く。1969年より早くもイタリアとのコラボレーションを開始。
大阪芸術大学教授。
ヨーロッパや日本向けの家具や、有名な液晶テレビ「AQUOS」をはじめとする家電、ロボット、家庭日用品に至るまで数多くの製品のデザインを手掛ける。作品の多くがニューヨーク近代美術館、パリのポンピドーセンターなど世界中のミュージアムにコレクションされている。
また、2009年に大阪で始まった、インテリアデザインと素敵な暮らしをテーマにした国際見本市「LIVING & DESIGN」主宰。
2011年、イタリアの「ADI黄金コンパス賞(国際功労賞)」を受賞。2017年には「イタリア共和国功労勲章コンメンダトーレ」叙勲。

Due grandi maestri del design italiano e giapponese discutono del presente, del passato e del futuro del design.
Negli anni Ottanta, quando il Giappone si stava modernizzando e c'era un movimento di rifacimento della vecchia cultura con la nuova, Antonio Citterio guardava la cultura giapponese dall'esterno, come uno straniero, e mirava a fonderla con la nuova cultura preservandone le tradizioni.
Cinquant'anni fa, quando il design non si era ancora affermato come mercato, Toshiyuki Kita introdusse la sedia Wink con le sue forme e i suoi colori organici, che rivoluzionò il mercato del design e segnò un'epoca.
Amici da 50 anni, i due uomini esamineranno la loro lunga carriera di designer da una prospettiva sfaccettata, dalle esperienze passate alle visioni future, con uno sfondo sociale.

Antonio Citterio nasce nel 1950 a Meda (Milano).
Si laurea in architettura al Politecnico di Milano e, nel 1972, apre il suo studio iniziando a collaborare con Arclinea, B&B Italia, Boffi, Brionvega, Flexform, Flos, Inda, Kartell, Tisettanta, Valli & Valli, Vitra.
Nel 1987 insieme a Terry Dwan progetta edifici in Europa e Giappone.
Nello stesso anno al sistema di sedute Sity per B&B Italia viene assegnato il Compasso d’Oro.
Dal 1993 al 1995 è membro esterno della commissione d’esame del Furniture Design Course del Royal College di Londra.
Del 1994 è il Compasso d’Oro per i contenitori Mobil prodotti da Kartell. Docente presso la Domus Academy di Milano e l’Università La Sapienza di Roma, nel 1999 fonda la Antonio Citterio & Partners.
Suoi oggetti sono presenti nella collezione permanente del MOMA di New York. Vive e lavora a Milano.

Toshiyuki Kita, uno dei maggiori e più versatili product designer giapponesi, vanta una fama internazionale e una serie lunghissima di rapporti di collaborazione con i più importanti gruppi industriali.
Nato a Osaka nel 1942, attivo dal 1967 con il proprio studio di Industrial Design nella città natale, già nel 1969 comincia a collaborare con l’Italia e le sue aziende.
È professore di Product Design alla Osaka University of Arts.
Ha firmato innumerevoli prodotti di punta per industrie europee e giapponesi, spaziando dal settore degli arredi al famoso set TV a cristalli liquidi “AQUOS”, passando per i robot, gli accessori domestici e gli elettrodomestici. Molti dei suoi lavori sono nelle collezioni del Museum of Modern Art di New York, del Centre Georges Pompidou di Parigi, della Pinakothek der Moderne di Monaco e di altri musei in tutto il mondo.
Ha ideato l’Evento Living & Design, iniziato nel 2009 a Osaka, fiera internazionale dedicata all’interior design e al buon vivere. Nel 2011 ha ricevuto il Compasso d'Oro alla carriera. Nel 2017 è stato nominato Commendatore dell’Ordine al Merito della Repubblica Italiana.

Altri video

その他のビデオ
2023.10.20 UP
持続可能なイタリア語教育のために
2023.10.18 UP
カルヴィーノの風景
自然の詩学と«見えない都市»
- 生誕100周年に寄せて
2023.10.16 UP
マンゾーニとアルノ川での洗濯
『婚約者』の言語
2023.10.17 UP
Teatro Comunale di Bologna:
la storia e i retroscena
ボローニャ歌劇場:歴史と舞台裏
2023.10.12 UP
Saluti dal Teatro Comunale di Bologna
ボローニャ歌劇場からのご挨拶
ページの先頭へ